「1プレー目から潰せ」 日大・宮川選手が会見、反則タックルは内田前監督と井上コーチの指示と告発

5月22日(火)15時24分 BIGLOBEニュース編集部

画像はニコニコ生放送より

写真を拡大

アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の試合で反則タックルを行った日大の宮川泰介選手が22日に記者会見を開き、内田前監督と井上コーチの指示で反則に及んだことを明らかにした。


宮川選手は会見で、負傷した関学大の選手や両親、関学大アメフト部に対し「大きな被害と多大なるご迷惑をおかけしたことに対してお詫び申し上げます」と謝罪。反則タックルについては試合前日、井上コーチを通じて監督から「相手のQBを1プレー目から潰せば出してやる」との指示があったと説明した。井上コーチに促された宮川選手は、「相手のQBを潰してくるので使ってください」と監督に訴え試合に出場。井上コーチからは、「できませんでしたじゃ済まされないぞ」と念を押されたという。また、会見では監督から日本代表を辞退するよう言われたことや、髪型を坊主にするよう指示があったことも明らかにした。


5月6日に行われた日大と関学大の定期戦で宮川選手は、パスを投げて無防備になった関学大QBに対し、背後から悪質なタックルを行った。この映像はネットで拡散し、日大や宮川選手には批判が殺到。関学大も会見を開き、日大の反則タックルを激しく批判した。日大が謝罪文を公開するも騒動は収まらず、内田前監督は「全て私の責任。日大アメフトの監督を辞任します。日大学生にはまだ説明していない。弁解はしません」と表明。ただ、反則を指示したのかは明らかにしていなかった。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「日本大学」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「日本大学」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ