具志堅用高さんが沖縄で始球式に登場 オリオンキャンペーンガールに豪快空振り

5月22日(水)18時59分 フルカウント

空振り後は一塁へダッシュし、山川と抱擁「ホームランを見せて」

■西武 – ソフトバンク(22日・那覇)

 元WBAライトフライ級王者でタレントの具志堅用高さんが21日、沖縄セルラースタジアム那覇で行われた西武vsソフトバンク戦で始球式に登場した。

「オリオンナイター」として開催されたこの日の試合。オリオンキャンペーンガールが投手役を務め、具志堅さんは打席に入った。右腕から投じられたボールはベースの手前でバウンド。具志堅さんのバットは空を切り、空振りに終わった。

「ボールがちゃんと来たら打てたんですけどね、難しかったですね」と、空振りを喫した具志堅さんだったが、スイング後は全力で一塁へとダッシュすると、沖縄出身の西武・山川穂高内野手とがっちりと抱擁。「ホームランを見せてください」と声をかけた。

「今のプロ野球界のホームランバッターですからね。沖縄出身ということで、今年は盛り上がってますね」と、前日に凱旋3ランを放った山川について語ると「ホームランを打つ期待を抱かせるバッターは、僕が小さいときの王(貞治)さん(現ソフトバンク球団会長)以来かな。打つんじゃないかというところで打つのは」と、地元出身のスラッガーの活躍を喜んでいた。(Full-Count編集部)

フルカウント

「オリオン」をもっと詳しく

「オリオン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ