大坂なおみ、女性アスリート史上最高年収…シャラポワ抜く40億円超

5月23日(土)10時24分 読売新聞

大坂なおみ=AP

写真を拡大

 【ニューヨーク=福井浩介】米経済誌フォーブス(電子版)は22日、女子テニスの大坂なおみ選手(22)(日清食品)が昨年1年間に3740万ドル(約40億2700万円)を稼ぎ、女性アスリートの年間史上最高額を更新したと報じた。

 来週発表予定の2020年版アスリート長者番付で過去4年間女子のトップだったセリーナ・ウィリアムズ選手(米)を抜き、男子を含めて29位にランクイン。番付は1990年に始まり、これまで女子の最高はマリア・シャラポワさん(ロシア)が2015年に記録した2970万ドルだった。

 大坂選手は昨年1月の全豪オープンで四大大会連覇を果たし、アジア選手で初の世界ランキング1位になった。現在15社とスポンサー契約を結んでおり、同誌は18年の全米オープン決勝でセリーナ選手を破ったことに触れ、「22歳のエースが伝説のライバルを再び打ち負かした」と伝えた。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「アスリート」をもっと詳しく

「アスリート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ