日ハム本社は新球場構想を否定 「検討している事実もありません」

5月24日(火)13時7分 BIGLOBEニュース編集部

日ハムが新球場構想を否定 「検討している事実もありません」/画像は札幌ドームホームページ スクリーンショット

写真を拡大

日本ハムは24日、北海道日本ハムファイターズが新球場の建設構想を進めているとの報道について、ホームページでコメントを発表、報道内容を否定した。


日本ハムは、「新球場を建設する方向との報道がありましたが、本件について、当社及び株式会社北海道日本ハムファイターズが決定した事実はありません」とし、「当社として現時点において検討している事実もありません」と報道内容を否定した。


北海道新聞などが伝えた内容によると、北海道日本ハムファイターズは新球場を建設し、札幌ドームから本拠地を移す構想を検討。北海道大学構内や北広島市、札幌市の真駒内地区などが候補に挙がっているという。新球場は、3万人が収容可能な天然芝グラウンドの野球専用施設で、本年度中にも候補地を決め、2023年の開場を目指すと伝えている。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日ハムをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ