日拓ファイターズ伝説の7色ユニフォームがもたらした大混乱

5月25日(金)7時0分 NEWSポストセブン

抜群の制球力を誇った高橋直樹(共同通信社)

写真を拡大

 プロ野球チームの親会社が変わることは、そうたびたびあることではないと今では思われているが、かつては猫の目のようにオーナーが変わった時代があった。1973年はじめに東映から日拓ホームに売却され、同年11月に日本ハムへとさらに売却されたファイターズと移り変わるあいだ、アンダースローのエースとして活躍した高橋直樹氏が、新規参入のオーナーによる新アイデアに驚かされた思い出を語った。


 * * *

 映画が斜陽産業となり、1973年に東映が球団を不動産会社の日拓ホームに売却。新規参入ということで奇抜なことをやって注目を浴びたいと、オーナーが知恵を絞った結果が「7色のユニフォーム」です。7種類を日替わりで着用する画期的な試みで、この年の後期(当時のパは前後期制)から導入されました。


 しかし3連戦だと3種類のユニフォームが必要だから、遠征になると運搬も大変。勝てばゲン担ぎで同じ色のユニフォームを着ることになったのですが、負けが多くて、結局3種類のユニフォームを着ることも少なくなかったですね(苦笑)。


 対戦相手とユニフォームの色がかぶってしまったり、ダブルヘッダーで負けると1日に2種類のユニフォームを着たりと、現場は大混乱しました。しかもシーズン終了後に日拓は球団経営から撤退、日本ハムに売却したので、結局7色ユニフォームはたった3か月で終わりました。オーナーは「プロ野球がこんなにカネがかかるとは思わなかった」と漏らしたそうです。


●たかはし・なおき/1945年大分県生まれ。1967年ドラフト3位で東映入団。ルーキーで13勝を挙げた。日拓、日本ハム、広島、西武、巨人を経て1986年に引退した。通算169勝。抜群の制球力を誇るアンダースロー投手で、1979年にマークした1シーズン11無四球試合はパ・リーグ記録。


■取材・文/鵜飼克郎


※週刊ポスト2018年6月1日号

NEWSポストセブン

「伝説」をもっと詳しく

「伝説」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ