【MLB】田中将大、ももクロ初観戦も4敗目「我慢強く、粘り強く最後まで闘い続けます」

5月29日(水)14時5分 フルカウント

初回に味方の失策から4失点 6回9安打5失点「今日の登板は自分にとってタフ」

■パドレス 5-4 ヤンキース(日本時間29日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手が28日(日本時間29日)、本拠地のパドレス戦で先発。6回9安打5失点で4敗目を喫した。試合後に自身のツイッターを更新し、登板の反省と次戦への意気込みを綴っている。

 親交の深い女性アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が初観戦する中での登板となった。初回に味方のエラーも絡み無死一、二塁のピンチを招くとマチャドに左前適時打を浴びると、ホズマーにはスプリットを完璧に捉えられバックスクリーンへ3ランを浴び、いきなり4失点と苦しい立ち上がりとなった。だが、その後は立て直し6回5失点(自責4)で降板となった。田中は「今日の登板は自分にとってタフでしたが、初回のホームランに関しては言い訳のしようがありません」と反省した。

 次回登板は3日の本拠地・レッドソックス戦と予想される。「今日の自分に対して数字ほど落胆はしていません。これからもどういう状況であれ、我慢強く、粘り強く最後まで闘い続けます!」と気持ちを切り替えていた。(Full-Count編集部)

フルカウント

「田中将大」をもっと詳しく

「田中将大」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ