【MLB】田中将大、6回9安打5失点で降板 ももクロの前で今季最多100球の力投も4勝目逃す

5月29日(水)9時35分 フルカウント

先頭を三ゴロ失策で出塁を許すとマチャドに先制打、ホズマーに3ラン浴び4失点

■ヤンキース – パドレス(日本時間29日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は28日(日本時間29日)、本拠地でのパドレス戦に先発。6回9安打7奪三振、5失点で降板し4勝目を逃した。初回に味方のエラーでリズムを崩し3ランを浴びるなどいきなり4失点。今季最多の100球を投げたが毎回走者を許す苦しい投球となった。

 先頭のガルシアは打ち取った当たりも三塁手ルメイヒューが失策、続くレイエスに右前打を許し無死一、二塁のピンチを招くとマチャドに左前適時打を浴び1点を失う。さらにホズマーには88.8マイル(約143キロ)のシンカーを完璧に捉えられバックスクリーンへ打球速度111.3マイル(約179キロ)の痛烈な3ランを浴びた。

 だが、その後は粘り強い投球を見せる。2回は1死からガルシアに中前打を浴びたが続くレイエスを遊ゴロ併殺、3回も2死から四球を与えたがエストラーダを右飛、4回も2四死球で2死一、二塁のピンチを背負ったがレイエスを一邪飛に抑え無失点で切り抜ける。

 田中の粘投に打線は4回、サンチェスの17号ソロで1点を返す。田中は3点ビハインドの5回は1死からホスマーに右前打を浴びたがレンフロー、マイヤーズを連続三振に抑えた。

 6回もマウンドに上がると、1死から連打を浴び一、三塁のピンチを背負うとガルシアにセーフティーバントで1点を失った。

 この日は楽天時代から親交があり自身の登場曲として使用している「ももいろクローバーZ」が現地に駆け付けた。MLB公式サイト内の人気コーナー「Cut4」も「マサヒロ・タナカに登場曲を提供している日本のポップグループのモモイロ・クローバーZが、彼を応援する為にヤンキースタジアムを訪問中!」とメンバー4人の写真を公開していた。(Full-Count編集部)

フルカウント

「田中将大」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「田中将大」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ