鹿島、鳥栖戦の再現ならず痛恨の黒星…渡邊凌磨2発のFC東京が2連勝!

2022年5月29日(日)17時1分 サッカーキング

FC東京と鹿島が対戦した [写真]=兼子愼一郎

写真を拡大

 明治安田生命J1リーグ第16節が29日に行われ、FC東京と鹿島アントラーズが対戦した。

 FC東京は前節、清水エスパルスに3−0で快勝して5試合ぶりに勝利。一方、鹿島はサガン鳥栖と4−4の打ち合いを演じたものの、大敗した川崎フロンターレをかわして首位に浮上した。

 連勝を目指すFC東京と3試合ぶりの白星を目指す鹿島の一戦は、33分にホームチームが先制する。小川諒也が左サイドから斜めのパスをペナルティエリア手前に差し込み、受け取った渡邊凌磨はディエゴ・オリヴェイラとのワンツーパスで相手の背後をとる。ボックス中央で右足を振り抜き、ゴール右下へ流し込んだ。

 FC東京は42分にリードを広げる。アダイウトンがドリブルで左サイドを突破し、中央へと折り返す。受け取ったD・オリヴェイラは相手に寄せられながらもボールをキープし、ペナルティエリア右の渡邊にラストパスを送る。渡邊は右足を振り抜き、ゴール左上に突き刺した。

 2点リードで折り返したFC東京は50分、アダイウトンがブエノに倒されてPKを獲得する。キッカーをD・オリヴェイラが務めると、ゴール左下へと流し込んで3点目を獲得する。

 前節同様の展開となった鹿島は、54分に1点を返す。左サイドからアルトゥール・カイキがグラウンダーで折り返し、直前に投入されたばかりの和泉竜司がフリックで落とす。反応した上田綺世が右足でゴール左下に突き刺した。

 3点ビハインドを一時ひっくり返した鳥栖戦の再現を起こしたい鹿島だが、FC東京の強度高い守備に苦しめられる。83分には鈴木優磨のスルーパスに抜け出した上田がペナルティエリア左からグラウンダーで折り返し、中央に飛び込んだA・カイキがゴール右下に流し込もうとする。しかし、相手DF小川諒也にコースを読まれてブロックされる。

 鹿島は終盤、鈴木がペナルティエリア内で倒されてPKをアピールする。VARによるレビューが行われている間、フラストレーションを爆発させた鈴木が、手にしていたペットボトルを地面に叩きつける。イエローカードを提示された鈴木は、警告の累積で次節出場停止となった。結局、鹿島にPKは与えられなかった。

 試合はこのまま終了し、FC東京は2連勝でJ1通算300勝を達成した。4試合ぶりの黒星となった鹿島は、今節敗れた川崎Fとの勝ち点差を広げることができず、3位横浜F・マリノスに追い抜かれる可能性が浮上した。

 この後は代表ウィークに突入するため、J1リーグは中断する。両チームの次戦は1日に行われる天皇杯2回戦となり、FC東京は富士大学(岩手県)、鹿島は新潟医療福祉大学と対戦する。

【スコア】
FC東京 3−1 鹿島アントラーズ

【得点者】
1−0 33分 渡邊凌磨(FC東京)
2−0 42分 渡邊凌磨(FC東京)
3−0 50分 ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)
3−1 54分 上田綺世(鹿島)

【スターティングメンバー】
FC東京(4−3−3)
ヤクブ・スウォビィク;長友佑都(61分 中村帆高)、木本恭生(84分 岡崎慎)、森重真人、小川諒也;青木拓矢、安部柊斗、松木玖生(84分 東慶悟);渡邊凌磨(61分 永井謙佑)、ディエゴ・オリヴェイラ(80分 紺野和也)、アダイウトン

鹿島(4−4−2)
クォン・スンテ;常本佳吾、ブエノ、三竿健斗(86分 関川郁万)、安西幸輝(86分 染野唯月);ファン・アラーノ(53分 和泉竜司)、樋口雄太、ディエゴ・ピトゥカ(71分 土居聖真)、アルトゥール・カイキ;上田綺世、鈴木優磨


【動画】渡邊凌磨がワンツーで先制点

サッカーキング

「鹿島」をもっと詳しく

「鹿島」のニュース

「鹿島」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ