ハム杉谷、大田と交錯し顔面強打 鼻血流すも…治療後に再登場、上沢は8失点

5月30日(水)19時10分 フルカウント

治療後に鼻に詰め物をして再登場、敵地は拍手と歓声

■巨人 – 日本ハム(30日・東京ドーム)
 
 日本ハムの杉谷拳士内野手が30日の敵地・巨人戦で守備で大田泰示外野手と交錯するも、治療後にそのまま出場を続けた。

 3点を先制された直後の2回1死二、三塁の場面。坂本のフライがフラフラと上がると、二塁の杉谷と右翼の大田が打球を追った。そして、落下地点で交錯。杉谷は顔面を地面強打し、鼻血を流してベンチ裏へと下がった。

 しかし、治療後にダッシュでグラウンドへ。鼻の穴に詰め物をして、セカンドにポジションに戻ると、敵地・東京ドームは拍手と歓声に包まれた。

 だが、先発・上沢は立ち直ることができず、マギーの3ランなどで一挙8失点。苦しい立ち上がりとなった。(Full-Count編集部)

フルカウント

「治療」をもっと詳しく

「治療」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ