【MLB】前田健太が股関節の張りでDL入り 指揮官「いつ復帰するかはまだ分からない」

5月31日(木)8時43分 フルカウント

30日のフィリーズ戦で2回途中に降板し4敗目

 ドジャースは30日(日本時間31日)、前田健太投手の故障者リスト(DL)入りを発表した。前田は29日(同30日)の本拠地フィリーズ戦に先発も、メジャー移籍後最短となる2回途中で降板。試合後、右股関節の張りが理由であったと、本人、ロバーツ監督が明かしていた。

 好調の中でマウンドに上がったフィリーズ戦は1回2/3を投げて38球、3安打1本塁打1四球2失点で降板。今季4敗目(4勝)を喫した。本人は続投を希望していたが、ロバーツ監督が交代を決断した。

 試合後、指揮官は「彼は明日、MRIを受ける予定だ。DL入りの可能性があるように思える。深刻なものではないが、登板は回避する可能性がある。結果を見てみるつもりだ」と説明。一方、前田は「自分の中ではそんなに長く時間はかからないと感じている」と軽症を強調していた。

 この日、MRI検査でも股関節の張りという診断結果だったが、10日間のDL入りが決定。ロバーツ監督は「彼がいつ復帰するか、まだわかっていない」と話した。ドジャースは先発投手陣が苦しい状況だけに、早期復帰を果たしたいところだ。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

フルカウント

「前田健太」をもっと詳しく

「前田健太」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ