斎藤佑樹に憧れた元早実エース 天然ガス営業マンから異例のMLB挑戦のワケ

6月1日(土)20時5分 フルカウント

早実、早大で活躍した前JX-ENEOS内田聖人が1日から米強豪独立L挑戦へ

 早実、早大で活躍した前JX-ENEOSの内田聖人投手が異例の米国挑戦に打って出る。1年間の会社員生活を経て、米トライアウトに挑戦。メジャー2Aクラスの強豪・キャナムリーグのニュージャージー・ジャッカルズとの契約を勝ち取った。今日1日に渡米。25歳の150キロ右腕はMLB、NPBに成り上がりを目指し、大きなチャレンジに挑む。

「WASEDA」の背番号1を着け、甲子園のマウンドに上がった右腕が、異色の挑戦だ。内田は「いつクビになるかわからない世界。でも、リーグからシーズン中にメジャーに行った選手もいれば、NPBに移籍した選手もいる。自分にできることをやりたい」と息巻いた。その視線に映るのは、さらなる高いレベルのマウンドだ。

 甲子園優勝した斎藤佑樹(現日本ハム)に憧れ、地元・伊東から進んだ名門・早実。2年夏の甲子園に出場し、背番号1を着けた3年夏には「佑ちゃん2世」と言われたこともある。西東京大会は横尾俊建(現日本ハム)、高山俊(現阪神)らを擁し、後に甲子園優勝する日大三に敗れたものの、2失点完投。高校野球ファンに鮮烈な印象を残した力投だった。

 野球人生の転機となったのは、早大3年当時に負った肘の怪我だった。思うような投球ができず、目指していた大卒プロ入りを断念。社会人野球の名門・JX-ENEOSでも調子を取り戻せずにイップスを味わい、渾身に直球が129キロを記録した試合もある。たった2年で戦力外通告を味わい、社業に専念することになった。ただ、一つの思いが胸に残っていた。

「最後の1か月だけ、思い切り腕を振れる、久しぶりに“投げられる”という感覚があったけど、遅かった。ただ、その感覚が出てきたので、何らかの形でまた野球がやりたいと思った。会社員をやりながらでも練習をしようと」

 野球に対する思いだけは捨てず、孤独な挑戦を選んだ。天然ガスの営業マンとして担当地域の東北エリアを奔走する傍ら、家に帰れば近所の競技場に走り、練習した。しかし、相手がいるわけではない。広いスペースを使い、自費で買ったネットを立て、平なコンクリートの足場から黙々と投げ込んだ。

「あの時、諦めないで良かった」—予想できなかった復活ストーリー

 さらに、野球の動作解析を行っている専門家と出会ってフォームを見直し、治療院に通って体のバランスを整えながら、復活を目指した。すると、徐々に全盛期に近い感覚を取り戻し始めた。「自分一人じゃできなかった。支えてくれた人がいたから、段々と求めているものに近づいて行った」という。

 戦力外から1年足らず。夏になると、新たな思いが芽生えた。また高いレベルで野球がやりたい。そして、その場所は——。教えを受けていた動作解析と治療院の恩師はかつて米国で野球に携わっていたこともあり、自然と影響を受けていた。視線の先に浮かんできた景色は、太平洋の向こう側にあった。

「話を聞くだけじゃなく、飛び込まないとわからない。プレーヤーとして成功することは大前提としてあるけど、この1年をどこで野球をやるかと考えた時にどこで野球をやるかのがベストだと考えたら米国だと。明日クビ、明日昇格もあり、年齢が問われない世界。だから、ここでやってみたいと思った」

 今年2月に会社の有給休暇を使い、1か月間に渡って米トライアウトに挑戦。チーム形式でメジャー傘下のチームと戦い、見事にジャッカルズとの契約を勝ち取った。社会人野球で戦力外通告を受けてから、わずか1年4か月後の出来事。周囲も予想できなかった復活ストーリーを、己の右腕で描き上げた。

「あの時、諦めないで良かったと思う。アメリカの天然芝に青い空の下で立てた時は本当に気持ち良かった」

 目標はMLBで成り上がること、そしてNPBから声のかかる選手になること。武器は重さのある直球と落差の大きいフォーク。厳しい挑戦になることは理解している。それでも、挑戦へ向け「思っていたより楽しみが大きい。トライアウトを経て、ピッチングも仕上がってきている」と内田。大志を抱き、今日、海を渡る。

○内田 聖人(うちだ・きよひと)

 1994年3月1日、静岡・伊東市生まれ。25歳。伊東シニアで日本一を経験。早実高2年夏に甲子園出場し、背番号1を着けた3年夏は西東京大会で高山俊(現阪神)、横尾俊建(現日本ハム)らを擁する日大三に2失点完投も準V。早大では1年春に大学日本一を経験したが、3年時に右肘を故障。社会人野球JX-ENEOSでは故障の影響もあり2年で戦力外に。以降は社業に就き、天然ガスの営業マンを務める傍ら、個人で1年間トレーニングに励んで復調。今年2月から1か月間、米国でトライアウトに挑戦し、2Aクラスの独立リーグ・キャナムリーグのニュージャージー・ジャッカルズと契約。会社を退社し、NPB、MLBに挑戦する。右投右打。(Full-Count編集部)

フルカウント

「早実」をもっと詳しく

「早実」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ