【MLB】6回1失点&犠飛と奮闘も…地元紙嘆く「カブスがダルビッシュの好投を無駄に」

6月1日(土)21時2分 フルカウント

カブスはダルビッシュの犠飛による1点のみ「援護することに苦戦した」

■カージナルス 2-1 カブス(日本時間1日・セントルイス)

 カブスのダルビッシュ有投手は5月31日(日本時間1日)、敵地カージナルス戦で6回3安打1失点4四死球6奪三振と好投した。2回には自ら同点犠飛を放つなど投打で奮闘したが、打線の援護なく6戦連続白星なし。チームも1-2でサヨナラ負けを喫した。地元紙は「カブスがダルビッシュの好投を無駄にした」と伝えている。

 初回に2四球と犠飛でノーヒットで先制点を献上したダルビッシュ。しかし、ここから快投。2回には、相手先発の元巨人マイコラスから同点犠飛を打ち、レンジャーズ時代の16年8月24日・敵地レッズ以来1010日ぶりの打点を記録した。

 2回以降はカージナルス打線に失点を許さなかったが、打線も得点を奪えず。結局、ダルビッシュの犠飛による1点のみに終わり、サヨナラ負けを喫した。

 地元紙「シカゴ・トリビューン」は「カブスがユウ・ダルビッシュの好投を無駄にし、10回2-1でカージナルスに敗戦」とのタイトルでレポート。試合前、ジョー・マドン監督が「彼からはほとんど打てない。四球が減れば、ナ・リーグ最高の投手になるだろう」と話していたことを振り返った上で「ダルビッシュはカージナルス戦で6回3安打とし、マドンの発言の多くを立証した。しかし、勝負どころで打てず、カブスは10回に2-1で敗戦した」と伝えた。

 またも3勝目はならず、6試合連続で白星に恵まれていないダルビッシュ。だが、同紙は「これでダルビッシュは3試合連続で6回以上投げた」と指摘。「彼は最初の2人に四球を与え、チャンスがあるようには見えなかった。その後、9人連続でアウトにした。ダルビッシュは4回に先頭打者のポール・ゴールドシュミットにヒットを打たれるまで、無安打としていた。ダルビッシュは犠打で自身を援護した」と、投打に奮闘した日本人右腕のパフォーマンスについて詳細を記している。そして、「しかし、カブスはダルビッシュを援護することに苦戦した」と、マイコラスに抑え込まれた打線の低調ぶりを嘆いた。

 防御率は5.02。まだまだ本来の数字ではないが、地元紙はダルビッシュの状態がさらに上がってくると期待している。(Full-Count編集部)

フルカウント

「カブス」をもっと詳しく

「カブス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ