ホンダ:ミル、マシントラブルでリタイアするも「新型エアロは機能している」/第7戦イタリアGP スプリント

2024年6月2日(日)10時40分 AUTOSPORT web

 6月1日、2024年MotoGP第7戦イタリアGP MotoGPクラスのスプリントがムジェロ・サーキットで行われ、レプソル・ホンダ・チームのルカ・マリーニは19位、ジョアン・ミルはマシントラブルによりリタイアとなった。


 また、ヨハン・ザルコ(ホンダ・カストロールLCR)は15位、中上貴晶(ホンダ・イデミツLCR)は16位でフィニッシュしている。


 イタリアGP2日目、午前のフリー走行ではミルが1分47秒245のタイムで22番手、マリーニはホンダ勢で最も多くの周回をこなし1分47秒468のタイムで24番手となった。LCRの2台は、中上が新型エアロパーツを装着し、一部は旧型パーツを投入するハイブリッドな組み合わせを試して20番手、ザルコはセットアップに集中し21番手で終えた。


 ホンダ勢全員がQ1からの出走となった予選では、4台ともにほとんどのライダーと同じくフロントにミディアムタイヤ、リヤにソフトタイヤを選択する。リヤタイヤを新品に履き替えて臨んだ後半のアタックでは、ミルとザルコが大幅にタイムを上げ、ミルが17番手、ザルコが18番手と他メーカー車の4台を上回る善戦を見せた。


 24番手となったマリーニは、セットアップに苦しんだようで「予選後に大きな変更を加えた」と語っている。また、中上はラストアタックでタイムを更新できず23番手に終わった。


 午後に行われたスプリントは、リタイアが相次ぐサバイバルレースとなった。カタールGPに並ぶ今季ベストグリッドを獲得したミルは、4周目時点で15番手を走行する。しかし翌周、マシンに振動の問題が発生しコースアウトしたためピットに戻り、そのままレースを終えた。この問題について、チームは原因を調査しているようだ。


 チームメイトのマリーニは順調なスタートを切ったが、ミスにより集団から遅れてしばらく単独走行となる。ペースを取り戻したマリーニは、最終的に前車から1秒以内の19位でフィニッシュした。


 中上はスタートで最後尾まで下がったが順位を取り戻し、前を行くザルコと接近戦となる。一時はその差が約0.1秒まで縮まったが、最後はザルコが順位を守り15位、中上は16位でフィニッシュした。


■ルカ・マリーニ(予選:24番手、スプリント:19位)


「今日はワークスライダーとして初めて母国のファンの前でレースをすることができた。残念ながら期待したような結果ではなく、複雑な気持ちだが、とてもうれしい一日だった」


「予選を終えてから、スプリントに向けてマシンのセットアップを大きく変更した。この変更でフィーリングはよくなったが、もっと改善するためにセットアップに取り組まなければならない。明日の決勝でも、次のステップを刻むためのセットアップに尽力したい」

ルカ・マリーニ(レプソル・ホンダ・チーム)/2024MotoGP第7戦イタリアGP 2日目
ルカ・マリーニ(レプソル・ホンダ・チーム)/2024MotoGP第7戦イタリアGP 2日目


■ジョアン・ミル(予選:17番手、スプリント:リタイア)


「今日得られたポジティブなポイントは、新しいエアロパッケージがうまく機能しているということだ。小さな一歩だが、喜ぶべき前進だと思う。予選はまずまずの結果で、トップからそれほど遠くなく、カタールGPと同じ17番手だった」


「スプリントでは今季ベストグリッドからすべてを出し切りたかったが、振動がだんだんひどくなって走ることができず、リタイアすることを決めた。明日の決勝でポテンシャルを最大限発揮できるように、原因を正確にチェックしているところだ」

ジョアン・ミル(レプソル・ホンダ・チーム)/2024MotoGP第7戦イタリアGP 2日目
ジョアン・ミル(レプソル・ホンダ・チーム)/2024MotoGP第7戦イタリアGP 2日目


■ヨハン・ザルコ(予選:18番手、スプリント:15位)


「今日のスプリントは厳しい戦いだったが、全体的にはまずまずのペースをキープすることができた。しかし、今大会はミスを避けたかったので、序盤は慎重になりタイムをロスしてしまった。明日はまたポイント争いをするチャンスがあるので全力を尽くしたい」

ヨハン・ザルコ(ホンダ・カストロールLCR)/2024MotoGP第7戦イタリアGP 2日目


■中上貴晶(予選:23番手、スプリント:16位)


「この2日間、新しいエアロパーツを中心に、いろいろな組み合わせのテストをしました。ポジティブなポイントをさらに進化させ、課題となっているトラクション不足を解消するためのデータ収集に向けて、さまざまな取り組みを行っています。新しいエアロパーツを使用したことで最高速度も伸びていて、いい変化を感じています」


「明日はポイントを獲得するだけでなく、今季ベストの結果が出せるように挑みます」

中上貴晶(ホンダ・イデミツLCR)/2024MotoGP第7戦イタリアGP 2日目


投稿 ホンダ:ミル、マシントラブルでリタイアするも「新型エアロは機能している」/第7戦イタリアGP スプリントautosport webに最初に表示されました。

AUTOSPORT web

「ホンダ」をもっと詳しく

「ホンダ」のニュース

「ホンダ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ