BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

【ライターコラムfrom清水】味方をも驚嘆させる“異能のストライカー”チアゴ・アウベス

サッカーキング6月2日(金)20時35分
画像:今季清水に加入し、調子を上げているチアゴ・アウベス ©J.LEAGUE PHOTOS
写真を拡大
今季清水に加入し、調子を上げているチアゴ・アウベス ©J.LEAGUE PHOTOS
「チアゴ、やっべーな! ハンパないよ」

 記者席に座る筆者の後ろで観戦していた清水の選手たちから思わず感嘆の声が上がった。5月31日のルヴァンカップ、清水エスパルスvsFC東京の90分、後半29分から交代出場したチアゴ・アウベスがペナルティエリア手前から左足でシュートを放った場面だ。

 DFに寄せられて時間もスペースもなく、ノーステップで蹴るしかなかったが、にも関わらず信じられないほど強烈なシュートがゴール右を襲い、日本代表GK林彰洋のファインセーブに阻まれたが、あとボール2、3個分コースが右なら決まっていたことだろう。その場で立ったまま左足を振るしかない体勢から、あの強さとあのコントロール……選手だからこそわかるチアゴのすごさが、チームメイトたちにも衝撃を与えた。

 3月末に清水に加わったばかりのブラジル人FWチアゴ・アウベス。彼の利き足である左足が周囲に驚きを与えたのは、このシーンだけではない。J1リーグ第11節のサガン鳥栖戦では驚異的なスピードのミドルシュートをニアサイドに決め、次の浦和レッズ戦では同じような位置から絶妙なコントロールとカーブでファーサイドにミドルシュートを決めた。GK西川周作としては、当然鳥栖戦のスーパーゴールのイメージがあったはずだが、その裏をかくようなタイミングを外した技ありシュート。パワーだけに頼らないシュート技術の高さや、引き出しを多さを披露した。

 その他のゴールもポストぎりぎりに決めたものが多く、精度の高さもワールドクラス。これまでリーグ戦7試合に出場し、404分間で4ゴールを決めている。チアゴ本人は、自らのキックについて次のように語る。

「若い頃に履いていたスパイクはすごく重くて、それでずっと練習していたので強くは蹴れなかったけど、最近の軽いスパイクに変えたら強いボールが蹴れるようになりました。(精度については)小さい頃からずっとキックやシュートの練習してきてますし、今でも時間があったら1人で練習しています。毎日シュートを練習して、もっと磨きをかけていきたいです」

 通常は、スパイクが軽くなったからといって急にキックが強くなることは少ないが、重いスパイクでずっとキック練習を続けてきた中で、自然に必要な筋力がついてきたということは考えられる。肉体的にはどちらかというと細身で、それほどパワーがあるように見えないが、脚には引き締まった筋肉をしっかりとまとっている。相棒の鄭大世は「外国人特有の内転筋(太もも内側の筋肉)の強さじゃないですか」と言うが、いずれにしても左足のパンチ力が桁外れなのは間違いない。

 セットプレーのキッカーとしても、彼の左足は大きな可能性を秘めている。非常にスピードがありながら、しっかりとカーブがかかって精度も抜群。今のところ得点につながったのは、ルヴァンカップのFC東京戦での村松大輔が決めた1点だけだが、惜しい場面は試合ごとに増えている。なかなか決まらないのは、味方がまだチアゴのキックに慣れず、合わせきれていないという理由のほうが大きい。

 だが、「みんな少しずつ僕のキックに慣れてきていると思います」とチアゴも手応えを口にする。セットプレーからの得点の少なさは、これまで清水の課題となっていたが、その理由のひとつがキックの質だった。今後はそれも解消される可能性が高くなっている。

 もちろん、チアゴの武器は左足のキックだけではない。スピードとドリブルも大きなストロングポイントで、コンディションが上がってきた今は、ドリブルでするりと抜いたり、ボールを受けながら相手と入れ替わったりする場面も増えてきた。裏に抜け出すプレーも得意で、今のところGKと1対1になった場面はなかなか決めきれていないが、そのパターンからのゴールも今後増えてくるはずだ。

「家族(既婚で1歳半の息子がいる)が日本に来てくれて、すごく調子が上がりました。コンディションは100%と言いたいところですが、100%と言ったら満足してしまうので、100%に近いという感じですね(笑)。これからもっともっと成長したいと思っています」(チアゴ)

 今年で24歳になった彼の今後が楽しみなもうひとつの理由は、日本でさらに成長したいという意欲が強いことだ。「人の話をよく聞いて、それを素直にやろうとするし、学ぼうとする姿勢がすごくあるなと感じます。筋トレなんかも自主的によくやっていますよ」と久保山由清コーチは証言する。得意とは言えない守備に関しても、けっしておろそかにはしていない。

「正直、今までこんなに守備をしたことはないし、守備はいちばん苦労しているところです。でも、日々の練習でもっとうまく守備ができるように頑張っています」と本人も言うように、“点さえ取っていれば守備をしなくても文句ないでしょ”という点取り屋にありがちな感覚はない。その意味でも、日本のサッカーにフィットしやすいと言えそうだ。

 日本育ちの鄭大世を除けば、清水にとっては本当に久しぶりにスケールの大きな外国籍助っ人が来たという印象。毎試合「今日は何を見せてくれるんだろう」とワクワクさせてくれることが、筆者にとっても非常に喜ばしいところだ。

文=前島芳雄
(C) SOCCERKING All rights reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「シュート」をもっと詳しく

注目ニュース
日本ハム斎藤佑樹、後輩清宮プロ入り判断「大正解」 日刊スポーツ9月23日(土)18時13分
<ロッテ3−4日本ハム>◇23日◇ZOZOマリン次カードで登板予定の日本ハム斎藤佑樹投手(29)が、1軍に合流した。[ 記事全文 ]
【日本ハム】大谷、決勝8号ソロ「ストライクゾーンの打てる球を積極的に打ちにいきました」 スポーツ報知9月23日(土)22時16分
◆ロッテ3—4日本ハム(23日・ZOZOマリン)日本ハムの大谷翔平投手(23)が、3—3の同点で迎えた8回にロッテ・有吉から決勝の8号ソロ…[ 記事全文 ]
今平67で2位浮上…美人キャディーに導かれ「ストレスない」 スポーツ報知9月23日(土)6時1分
◆男子プロゴルフツアーアジアパシフィック・ダイヤモンドカップ第2日(22日、千葉・カレドニアンGC)8位から出た賞金ランク3位の今平周吾(…[ 記事全文 ]
アン・シネ体調すぐれず16位後退、V争い遠ざかる 日刊スポーツ9月23日(土)16時28分
<女子ゴルフ:ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン>◇第2日◇23日◇宮城・利府GC(6551ヤード、パー72)◇賞金総額7000万円(優…[ 記事全文 ]
ドカベン香川さん、携帯電話持ったまま亡くなっていた…妻に衝撃与えた通話とは スポーツニッポン9月15日(金)22時48分
プロ野球の南海・ダイエーで活躍し、「ドカベン」の愛称で親しまれた香川伸行さんの家族が15日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 日本ハム斎藤佑樹、後輩清宮プロ入り判断「大正解」日刊スポーツ9月23日(土)18時13分
2 【日本ハム】大谷、決勝8号ソロ「ストライクゾーンの打てる球を積極的に打ちにいきました」スポーツ報知9月23日(土)22時16分
3 今平67で2位浮上…美人キャディーに導かれ「ストレスない」スポーツ報知9月23日(土)6時1分
4 アン・シネ体調すぐれず16位後退、V争い遠ざかる日刊スポーツ9月23日(土)16時28分
5 ドカベン香川さん、携帯電話持ったまま亡くなっていた…妻に衝撃与えた通話とはスポーツニッポン9月15日(金)22時48分
6 羽生結弦 今季初戦でSP世界最高得点更新!完璧演技で112・72点スポーツニッポン9月23日(土)9時58分
7 8失点KOの田中将大に地元紙辛辣「短期決戦のPOで信用できない」「謎の存在」フルカウント9月23日(土)14時23分
8 初バーディで思わず“ホッ” アン・シネが安どしたワケとは?ALBA.Net9月23日(土)16時22分
9 奥原希望、右膝故障でジャパン・オープン準決勝棄権スポーツ報知9月23日(土)13時8分
10 ソフトB王会長、後輩・清宮に「欲しい」「技術もネームバリューもある」フルカウント9月23日(土)15時50分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア