クロップ、決勝での勝利は2576日ぶり。ドイツ人監督として2人目の偉業も達成

6月3日(月)7時10分 フットボールチャンネル

 リバプールのユルゲン・クロップ監督は実に2576日ぶりに決勝の大舞台で勝利を収めた。

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝のトッテナム対リバプール戦が現地時間1日に行われ、2-0の勝利を収めたリバプールが優勝を飾った。なお、クロップ監督は2012年以来、7度目の挑戦で栄光を勝ち取ったのだ。

 2012年5月12日にDFBポカール(ドイツ杯)優勝を飾ったクロップ監督はその後、2度のCL決勝(2013年と2018年)、ヨーロッパリーグ(2016年)、2度のドイツ杯(2014年と2015年)で決勝に進むが、勝利の女神がほほ笑むことはなかった。

 またクロップ監督は異国のリーグのチームを率いてCL制覇した史上2人目のドイツ人指揮官としても名前を刻む事になった。この偉業を達成した最初の人物は1997/98シーズンにレアル・マドリーを率いていたユップ・ハインケス氏だ。果たして51歳の熱血指揮官は今後どのような記録を作るのだろうか。

フットボールチャンネル

「ドイツ」をもっと詳しく

「ドイツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ