福岡、ペッキア監督が家庭の事情により退任「本当にありがとう」

6月3日(月)11時58分 サッカーキング

退任が決まったペッキア監督 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 アビスパ福岡は3日、ファビオ・ペッキア監督の退任を発表した。

 福岡は明治安田生命J2リーグ第16節を終え、4勝4分け8敗で18位。今シーズンからペッキア監督が指揮を執っていたが、家庭の事情を理由に急遽退任することが決定した。ペッキア監督はクラブ公式HPを通じて以下のようにコメントを発表した。

「残念ながら、私個人の事情でアビスパ福岡とお別れし、イタリアに戻らなければなりません。
社長、アビスパの株主、強化部長が私を信じて、この素晴らしいプロジェクトの一員に選んでくれたことを感謝しています」

「どんな時でも私たちを好きでいて、応援してくれたファンの皆様にも『本当にありがとう』と言いたい。
そしてこの5ヶ月私と共に仕事をしてきた選手、コーチングスタッフ、通訳のダビデに感謝の気持ちを伝えたい。彼らのおかげで私は人間としても、サッカー指導者としても成長することができました。アビスパがこれから大きなゴールを目指し、たどり着くことを心から願っています。本当にありがとうございます。またどこかで会いましょう」

サッカーキング

「アビスパ福岡」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「アビスパ福岡」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ