オリ山本、6回3失点で3敗目 西村監督も心配「いつもより球威がなかった」

6月4日(火)22時25分 フルカウント

2回に伊藤光に先制ソロを浴びるなど6回3失点で3敗目を喫した山本

■DeNA 3-1 オリックス(交流戦・4日・京セラドーム)

 オリックスの山本由伸投手が4日、本拠地でのDeNA戦に先発し6回8安打3失点で3敗目を喫した。昨年までのチームメート伊藤光に先制ソロを浴びるなど今季ワーストの8安打と本来の投球とは程遠い内容に「最後まで修正できなかった」と語った。

 初回は2安打を浴びながらも3三振を奪い力でねじ伏せたが僅かなズレは最後まで響いた。2回に伊藤光を2球で簡単に追い込んだが「狙ったところに投げられなかったと」甘く入ったカーブを左中間スタンドに運ばれ先制を許すと、4回には2死満塁から大和に2点タイムリーを浴びリードを広げられた。

 3者凡退のイニングは5回のみで、それ以外は毎回のように走者を背負う苦しい投球となった。先制を許し打線の援護もなく3敗目を喫し「力みだったりフォームのバランスなど最後まで修正できなかった」と反省。オフに自主トレを共にする筒香との対戦は初回に右前打を浴びるなど2打数1安打1四球の結果となり「意識というか一発がある打者なので丁寧に投げ過ぎた部分もある」と振り返った。

 チームは今季最多の5連敗を喫し、借金も最多の「12」。チームNo1の安定感を誇る右腕でも連敗を止められなかった西村監督は「今までの中で一番よくなかったんじゃないかな。いつもより球威がなかったように感じる」と、首をかしげていた。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

フルカウント

「伊藤光」をもっと詳しく

「伊藤光」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ