伊東純也にはデカい夢がある。ビッグクラブ移籍へ「スーパーな存在に」

6月6日(木)6時17分 Sportiva

ゲンク・伊東純也インタビュー@後編

 ベルギーリーグでプレーする日本人選手は、ここ数年で劇的に増えた。ただ、すべての選手に出場するチャンスが巡ってくるわけではない。そんななか、今年2月にゲンクへ移籍した伊東純也は、監督の信頼を勝ち取り、シーズン終盤にはスタメンの地位も確保した。言葉の通じないベルギーの地で、伊藤はどうやって苦しい時期を乗り越えていったのか。

「ゲンク・伊東純也インタビュー@前編」はこちら>>>


伊東純也にベルギーでの3ヵ月半を語ってもらった

—— 伊東選手のゲンク入団後、チームの主力だったMFアレハンドロ・ポズエロ選手がトロントFCに移籍してしまい、「ゲンクは大丈夫か?」と言われていました。ただ、役割こそ違いましたが、伊東選手がポズエロ選手の穴を埋めたことは、ベルギーで高く評価されています。

伊東純也(以下:伊東) ベルギーのメディアから、『ポゾ(ポズエロ)の代わりにゲンクに入ったプレッシャーはあるか?』と、よく聞かれました。でも、僕は何も考えてなかったですね。

—— プレッシャーは感じなかったと。

伊東 あんまり気にしてなかったです。「そういうふうに見られるんだな」と感じたくらいで。

—— 伊東選手が入ったあと、ゲンクが首位から落ちたとしたら……。

伊東 結果が出なかったら、絶対に自分が戦犯にされたと思う。以前、酒井(宏樹/マルセイユ)君からも、「他の選手と実力が同じだったら、日本人は絶対に使われない」と言われたことがある。ここ(ヨーロッパ)では、やはり実力を示さないといけない。

—— レギュラーシーズンの最後の試合で、アシストとゴールを決めました。さらに、プレーオフのアンデルレヒト戦では、左足でカーブをかけたスーパーゴールを決めました。どちらのゴールが自分にとって大きかったですか?

伊東 ゴールよりアシストのほうが、自分らしさがあると思います。

—— それ以降、ずっとスタメンですよね。

伊東 スタメンで使ってもらった時に結果を出したのが、やはり大きかったです。それからはシーズン最後まで、ほとんど途中交代はありませんでした。あと、監督が(他の選手と)差別しないでフラットに見てくれるようになったのも大きかったです。

—— 首位攻防戦のクラブ・ブルージュ戦(1−3)は、ゲンクが勝てば優勝という大一番でした。この試合の数日前に伊東選手は腰を痛めて、コンディションは十分でなかったようですね。

伊東 けっこう痛みがあったので、痛み止め薬を飲んでプレーしました。それでも走ると痛かったので、監督に伝えました。「侍なら大丈夫」と監督に言われたので試合に出ましたが、動きはよくなかったので途中で交代しました。

—— クラブ・ブルージュ戦のアウェーの雰囲気はすごかったです。

伊東 僕は本来、ああいう雰囲気のほうが得意なんです。だけど、今回はちょっと駄目でしたね。

—— Jリーグだと、アウェー感の強い浦和のような雰囲気も得意?

伊東 はい。ヴァンフォーレ甲府時代の僕は、アウェーでしかゴールを決めてないんです。浦和レッズ戦やガンバ大阪戦など、ビッグスタジアムでゴールを決めてきました。そういうのを、僕は持っている。

—— ベルギーに来て3カ月半。あっという間でした?

伊東 いや。毎日、長い一日を過ごしていました。孤独との戦いでしたね。

—— 以前、伊藤選手は「ベルギーに来て、日々自分と向き合う時間ができた」と言っていました。毎日、どのように過ごしていましたか?

伊東 毎日……、夜ご飯のことを考えていました(笑)。

—— それは「向き合っている」とは言いませんね(笑)。

伊東 テレビでサッカーを見る時間が多くなりました。練習が終わって、家に帰って、身体を休めて、サッカーを見る。毎日、その繰り返しです。

—— 同じ境遇で戦っている日本人選手のプレーも見ています?

伊東 はい。シント・トロイデンの面々や、シャルルロワの森岡亮太くん、セルクル・ブルージュの植田直通くんなど、彼らの試合をテレビで放送していたら見ています。

—— 彼らを見ていて、何か感じることはありましたか?

伊東 みんな試合に出れば普通にプレーできているけれど、時には試合に出られなかったり、途中で交代させられたり……。そういう難しさを感じました。

—— 移籍してきた当初、伊東選手のコンディション面について、ゲンクのフィリップ・クレマン監督のコメントはポジティブなものではありませんでした。

伊東 たしかにそうですね。実際、コンディションが悪かったですし。アジアカップが終わって日本に帰り、引っ越しの準備や柏レイソルへの挨拶などを済ませてからオランダに向かい、到着してからさらに陸路で3、4時間。ようやくゲンクに着いたら、翌日にフィジカルテストでした。

—— それがすぐ、日本で記事になってしまった。

伊東 「伊東の能力は平均以下」と日本で報じられ、友人からラインで「大丈夫か?」って心配されました(笑)。あくまでフィジカルテストの数値だから、別に気にすることではないんですけど、日本で必要以上に大きく取り上げられてしまったので、面倒くさかったですね。

—— どうやってコンディションを戻したのですか?

伊東 どうやってもないです。とりあえず活躍しないと「地獄」なので。

—— 地獄?

伊東 今は充実感がありますが、ゲンクに来た当初は「何とかしないといけない」という感じでした。ただでさえベルギーで独りなのに、試合に出ることすらできなかったら……もう地獄ですから。

—— 必死になってプレーしたんですね。

伊東 すぐに結果を出せたので、本当によかった。そうでなかったら、その後は試合に使ってもらえなかったと思います。

—— 監督やチームメイトとのコミュニケーションはどうですか。英語が苦手ということでしたが。

伊東 コミュニケーションは、なんとなく……ですね(笑)。多少の英単語はわかるので、それを駆使してがんばっています。

—— では、ピッチの上では苦労もなく?

伊東 はい。戦術の指示も、だいたいはわかりますので、今は大丈夫です。

—— 3月で26歳になりました。もう26歳? それとも、まだ26歳?

伊東 「ラストチャンス」くらいに思っています。

—— 「チャンスを掴んだばかり」とも言えますよね。

伊東 この数カ月で多少のことはわかったので、次の1年が勝負です。そこで活躍して、ビッグドリームを掴みたい。サッカーをやっているからには、上を目指してやりたい。時間は限られているので、知名度を上げて、誰もが知っている選手になりたいです。

—— ビッグドリームとは?

伊東 ビッグクラブに行くことです。

—— 最後に、今後の抱負を聞かせてください。

伊東 課題はやはり、もうちょっと得点を増やすこと。今季はポストに3回ぐらい当てているので、もっと決めるチャンスはありました。チャンスを逃さずにゴールを増やしていけたら、僕もスーパーな存在になれると思います。


【profile】
伊東純也(いとう・じゅんや)
1993年3月9日生まれ、神奈川県横須賀市出身。2015年、神奈川大学からヴァンフォーレ甲府に入団。翌年に柏レイソルに移籍。2017年12月、日本代表デビューを果たす。2019年2月、期限付き移籍でゲンクに入団。ポジション=FW、MF。176cm、68kg。

Sportiva

「伊東純也」をもっと詳しく

「伊東純也」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ