U-21英代表が3連覇に王手! 着実に進化を遂げる育成年代。決勝戦でメキシコと対戦

6月7日(木)11時0分 フットボールチャンネル

【U-21イングランド 3-1 U-21スコットランド トゥーロン国際大会・準決勝】

 現地時間6日にトゥーロン国際大会・準決勝の試合が行われ、U-21イングランド代表はU-21スコットランド代表と対戦。

 試合開始して30分、スコットランドのマイケル・ジョンストンがゴールを決めてスコットランドに先制点が入る。それでも45分にイングランドのカラム・コノリーが同点ゴールを決めると、49分には19歳のエディー・ケシャが逆転ゴールを決めた。

 さらに69分にもケシャが追加点。結局、イングランドは3-1の勝利をおさめている。この結果、イングランドは決勝戦に駒を進め、U-21トルコ代表を3-1で下したU-21メキシコ代表と優勝をかけて対戦することになった。イングランドが優勝すれば、2015年、2016年大会に続く3連覇を達成することになる。

 ちなみに昨年はU-20W杯が行われた影響で、優勝果たしたトゥーロン国際大会にはU-18イングランド代表が出場している。トゥーロン国際大会でタイトルを獲得しただけでなく、同年に行われたU-20W杯やU-17W杯も優勝するなど、各世代のイングランド代表が躍動していた。

【得点者】
30分 0-1 ジョンストン(スコットランド)
45分 1-1 コノリー(イングランド)
49分 2-1 ケシャ(イングランド)
69分 3-1 ケシャ(イングランド)

フットボールチャンネル

「U-21」をもっと詳しく

「U-21」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ