映画俳優のマイケル・ファスベンダーが第86回ル・マン24時間にゲストとして登場

6月8日(金)19時43分 AUTOSPORT web

 ACOフランス西部自動車クラブは6月8日、16日に決勝レースがスタートする第86回ル・マン24時間レースに、俳優のマイケル・ファスベンダーがゲストとして来場することを発表した。


 ドイツ出身のファスベンダーは映画『X-MEN』シリーズや、第86回アカデミー賞で作品賞を受賞した『それでも夜は明ける』などに出演。またアップル社の創設者であるスティーブ・ジョブズの伝記映画『スティーブ・ジョブズ』ではアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた実力派俳優だ。


 そんなファスベンダーは過去にフェラーリのワンメイクレース用車両『488茶レジ』をドライブしたこともあるほど大のレース好き。


 またFIAが展開するアクション・フォー・ロードセーフティにも参加するなど、モータースポーツ、自動車業界に関係が深く、今回ル・マン24時間にゲストとしての来場が決まった。


 なお、第86回ル・マン24時間にはファスベンダーのほか、プロテニスプレーヤーのラファエル・ナダル、“ル・マンの帝王”ことジャッキー・イクスも登場することがアナウンスされており、伝統の1戦にふさわしい豪華ゲストが名を連ねることになる。


 ACOのピエール・フィヨン代表は「マイケル・ファスベンダーをゲストに迎えられることをうれしく思う。彼はモータースポーツのアンバサダーであり、真のエンスージアストだ。彼を招くことができるのは本当に名誉あることだ」と述べている。


AUTOSPORT web

「ル・マン」をもっと詳しく

「ル・マン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ