インディカーが新型ハイブリッドエンジンをテスト。ミルウォーキー・マイルで20台が周回重ねる

2024年6月12日(水)18時19分 AUTOSPORT web

 6月11日、2024年NTTインディカー・シリーズは、第9戦ミド・オハイオでの実装を予定しているハイブリッドシステムを搭載した新型パワーユニット(PU)のテストを、第15/16戦の舞台であるミルウォーキー・マイルで実施した。


 新型パワーユニットを搭載した20台は、ウィスコンシン州にある1マイルのオーバルコースにて午前と午後の2セッションを走行し、総合トップタイムはチーム・ペンスキーのウィル・パワーが記録している。


 前戦ロード・アメリカでは2年ぶりの優勝を飾っているパワーは新型PUについて、「オーバーテイクの助けになるはずだ」とコメントしている。


「ライバルを追い越そうとしている際には、ハイブリッドの追加パワーは一定の効果があるだろう」


 2番手にはジョセフ・ニューガーデン、3番手にはスコット・マクラフランが続き、シボレーPUを搭載しているチーム・ペンスキーの3台がハイペースで周回を重ねた。

2024年インディカーハイブリッドテスト 首位タイムのウィル・パワーと2番手タイムのジョセフ・ニューガーデン(ともにチーム・ペンスキー)
2024年インディカーハイブリッドテスト 3番手タイムをマークしたスコット・マクラフラン(チーム・ペンスキー)


 なお、ホンダPUユーザー筆頭のチップ・ガナッシ・レーシングについては今回のテストに参加しておらず、ホンダ勢のベストラップはコルトン・ハータ(アンドレッティ・グローバル)がマークした4番手タイムとなっている。


 また今回のテストには、トレーニング中の手首のケガを理由にレースの欠場が続いていたデイビッド・マルーカスがメイヤー・シャンク・レーシングの66号車で出走を果たし、7戦ぶりのインディカードライブとなった。以降のレースについては、次戦より同チームでレースを戦う予定となっている。


 2024年NTTインディカー・シリーズの次戦は、カリフォルニア州モントレーにあるウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカで行われる『ファイアストン・グランプリ・オブ・モントレー』。現状のノンハイブリッドエンジンを使用する最後のレースとなるであろう第8戦ラグナ・セカは、6月21日(金)から23日(日)にかけて開催される予定だ。

2024年インディカーハイブリッドテスト ホンダ勢最上位となったコルトン・ハータ(アンドレッティ・グローバル)
2024年NTTインディカー・シリーズ ミルウォーキー・マイルで行われたハイブリッドテストの様子
2024年NTTインディカー・シリーズ ミルウォーキー・マイルで行われたハイブリッドテストの様子
2024年インディカーハイブリッドテスト A.J.フォイト・エンタープライゼスのクルーらが作業している様子
2024年インディカーハイブリッドテスト アロウ・マクラーレンのクルーらが作業している様子
2024年インディカーハイブリッドテスト テオ・プルシェール(アロウ・マクラーレン)
2024年インディカーハイブリッドテスト エリオ・カストロネベスと話すデイビッド・マルーカス(メイヤー・シャンク・レーシング)
2024年インディカーハイブリッドテスト デイル・コイン・レーシングから参加したキャサリン・レッグ


■2024年NTTインディカー・シリーズ
ハイブリッドテスト タイム結果






















































































































































































































Pos.No.DriverTeamEngineLapsTimeSession
112W.パワーチーム・ペンスキーC1880’22.6001セッション1
22J.ニューガーデンチーム・ペンスキーC1760’22.7073セッション2
33S.マクラフランチーム・ペンスキーC1590’22.7242セッション2
426C.ハータアンドレッティ・グローバル・W/カーブ・アガジャニアンH1070’22.7955セッション1
55P.オワードアロウ・マクラーレンC1200’22.8160セッション2
628M.エリクソンアンドレッティ・グローバルH1150’22.8684セッション1
760F.ローゼンクヴィストメイヤー・シャンク・レーシングH1350’22.8866セッション2
866D.マルーカスメイヤー・シャンク・レーシングH1110’22.9162セッション1
97A.ロッシアロウ・マクラーレンC970’22.9695セッション1
1015G.レイホールレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングH900’23.1170セッション1
1114S.フェルッチA.J.フォイト・エンタープライゼスC1380’23.2162セッション1
1227K.カークウッドアンドレッティ・グローバルH1000’23.2775セッション1
1321R.ヴィーケイエド・カーペンター・レーシングC990’23.3108セッション2
1445C.ルンガーレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングH1540’23.3394セッション1
1541S.R.ロブA.J.フォイト・エンタープライゼスC1320’23.5683セッション1
1630P.フィッティパルディレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングH1160’23.6093セッション1
176T.プルシェールアロウ・マクラーレンC1230’23.7391セッション2
1820E.カーペンターエド・カーペンター・レーシングC820’23.8613セッション2
1918J.ハーベイデイル・コイン・レーシングH690’23.9882セッション1
2051K.レッグデイル・コイン・レーシングH920’24.1166セッション2


※リザルトは編集部集計


投稿 インディカーが新型ハイブリッドエンジンをテスト。ミルウォーキー・マイルで20台が周回重ねるautosport webに最初に表示されました。

AUTOSPORT web

「新型」をもっと詳しく

「新型」のニュース

「新型」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ