「背番号10に相応しい仕事」シリア戦の堂安律をブラジルメディアが高評価 3バック採用にも「もう一つの選択肢」と好印象

2024年6月12日(水)16時30分 ココカラネクスト

堂安は「新しい役割にうまく適応」したとブラジルメディアが評した(C)Getty images

 6月11日、サッカー日本代表はエディオンピースウイング広島で、北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の最終節でシリア代表と対戦し、5-0での快勝を収めた。前半、後半でフォーメーションを変更しながら試合を進めた日本は、5日前のミャンマー戦同様、高い攻撃力を発揮した。

【動画】森保ジャパンが全勝で2次予選を突破!5−0で圧倒したシリア戦のハイライトを見る

 13分、左サイドをドリブルで駆け上がった中村敬斗からのクロスを、上田綺世が頭で決め先制。センターフォワードのゴールで口火を切ると、19分には久保建英からのパスを受けた堂安律の左足でのミドルシュートがネットを揺らし追加点。さらにその3分後、久保のスルーパスが相手プレーヤーに当たったことで方向が変わり、ボールがゴールに吸い込まれた。このオウンゴールで、日本は前半の内に3点にリードを広げた。

 後半に入っても日本の攻撃陣の勢いは止まらない。73分には途中出場の2人が得点を演出する。鎌田大地のグラウンダーのパスに反応した相馬勇紀が、ペナルティエリア内で倒されPKを獲得。これを相馬がしっかりと決め4点差に。そして85分、南野拓実が敵陣での相手のパスをカットするとスピードに乗りそのままミドルシュートを決め、チームに5点目をもたらした。

 これで日本は今回のW杯アジア2次予選、6試合全てで無失点で勝利し、最終予選へと駒を進めることに。チーム力の高さを見せつけた日本の試合内容は、ブラジルメディア『globo.com』もレポートしている。

 個人への採点を行っている同メディアは、出場した多くの選手に高い評価を送る中、フル出場を果たしチーム2点目を決めた堂安に最高の「7.5」を与えている。3-4-2-1フォーメーションでのサイドから攻撃を演出した堂安について、「彼は右ウイングとしての新しい役割にうまく適応し、美しいゴールを決めたほか、試合を通して日本で最も危険な選手だった。彼は背番号10番にふさわしい仕事をしている」などと評した。

 また、チーム2位タイの「7」が送られている久保についても、「最高の時間を過ごしているもう1人の選手。2点目のゴールにパスを供給し、3点目も決めた。これで8個目のアシストを記録した」と綴っている。

 加えて同メディアは、チームの布陣変更についても言及。「中盤の選手がウイングとしてプレーする3-4-2-1は機能し、今後の戦いのためのもうひとつの選択肢となった」と見通している。

 メンバーの顔触れやシステムなど様々なチャレンジが行われた2次予選を通じて、日本は力の差を見せつけた。今後、森保一監督を中心にさらにチームとしてのクオリティを高めながら、本大会出場権が懸かる最終予選へと向かう。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

ココカラネクスト

「シリア」をもっと詳しく

「シリア」のニュース

「シリア」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ