久保建英「チームとして狙いどおり」。ジャマイカ戦の4人股抜き弾を振り返る

6月12日(土)15時45分 フットボールチャンネル

【U-24日本 4-0 ジャマイカ 国際親善試合】

 国際親善試合のU-24日本代表対ジャマイカ代表が12日に行われた。試合は4-0でU-24日本代表が勝利した。先制点を挙げたMF久保建英が試合後にコメントを残している。

 久保は飲水タイムが終わった直後の32分、スローインを裏のスペースで受けてボールを運び、相手4選手の股を抜くシュートを決めた。

 交代時に少し足を気にしていた久保は「全然、たぶん大丈夫です」と大きな問題はないと感じている。

 自身のゴールについては「飲水タイム明けに酒井選手から『リスタート準備しておけ』という話があった。事前にリスタートで相手の裏をつけるときは狙っていこうと話していた。チームとして狙いどおりでした」と語っている。

 また、この日2列目で組んだ堂安律と三笘薫にも触れた。久保は「堂安選手とは1試合目から一緒にやっていてだいたい分かっています」と述べ、「三笘選手もJリーグでのプレーは見ていますし、練習でいつも一緒にやっているので、だいたいこういう感じというのは」分かると語った。その上で、「できるだけ自分が合わせられるように心がけたつもり」と話し、「まだまだ個人としてもチームとしても至らないところがある」とさらなる向上を誓っている。

 東京五輪について久保は、「自分たちにできることは、しっかり準備をすること。開催されたときのためにしっかり準備をすることが選手としての義務だと思う」とコメント。最高の状態で大会に臨むことを約束した。

フットボールチャンネル

「ジャマイカ」をもっと詳しく

「ジャマイカ」のニュース

「ジャマイカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ