辻岡愛理が首位キープ “黄金世代”河本結は12位後退【プロテスト2次予選・B地区】

6月13日(水)19時19分 ALBA.Net

12位に後退した河本結(写真はほけんの窓口レディース)(撮影:上山敬太)

写真を拡大

<2018年度プロテスト第2次予選・B地区 2日目◇13日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部 (岡山県)>

6月12日(火)から4日間の日程で行われている「2018年度プロテスト第2次予選・B地区」。2日目の競技が終了し、20歳の辻岡愛理がトータル4アンダーで単独首位をキープしている。


1打差2位に芦沢衣里、2打差3位にはこの日「66」のビッグスコアをマークした八上ひかるが続いた。

勝みなみ、新垣比菜らと同じく“黄金世代”の河本結は「75」とスコアを落とし、トータル2オーバー・12位タイに後退。昨年から日本ツアーに参戦している中国美女、セキ・ユウティンはトータル4オーバー・18位タイとしている。

【2日目の順位】
1位:辻岡愛理(-4)
2位:芦沢衣里(-3)
3位:八上ひかる(-2)
4位T:エイミー・コガ(E)
4位T:平岡瑠依(E)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

「2018年」をもっと詳しく

「2018年」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ