奈良オープンに山下和宏、上井邦裕らが参戦

6月14日(木)20時30分 ALBA.Net

今季好調の上井邦裕(撮影:佐々木啓)

写真を拡大

<奈良オープン 事前情報◇14日◇グランデージゴルフ倶楽部>

今年で19回を数える地方オープン「奈良オープン」が、6月15日(金)に開幕。グランデージゴルフ倶楽部を舞台に、2日間の日程で行われる。


もともとは奈良県在住、奈良県下のゴルフ場に所属するプロゴルファーが手作りで立ち上げた大会だが、徐々に発展。今年も上井邦裕や山下和宏、加瀬秀樹、高見和宏、井戸木鴻樹をはじめ、田中秀道や丸山大輔、小山内護といったプロが集結し、優勝賞金300万円(賞金総額1500万円)をかけてしのぎを削る。

初日の予選18ホールを終了し、プロ上位55位タイとアマチュア上位20位タイまでが、翌日の決勝18ホールへ進出。1位タイがあった場合は、プロ・アマとも委員会の指定するホールにおいてサドンデス方式によるプレーオフが行われ、優勝者(ベストアマ)を決定する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

「ゴルフ」をもっと詳しく

「ゴルフ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ