【ビデオ】暴走したゴミ収集車が住宅地の一角をめちゃくちゃに! 付近のクルマや街路樹を破壊

6月14日(木)19時30分 日本版Autoblog



先週の土曜日の午前5時30分頃、米国ニューヨーク市ブルックリンの街角の住人は暴走した1台のゴミ収集車に叩き起こされるはめになった。CBSの報道によると、ゴミ収集車は少なくとも9台のクルマと3本の街路樹、民家のポーチを次々と破壊しながら道路を進み、歩道に突っ込んだという。

地元のヴァイキング清掃会社に所属するこのゴミ収集車は、18thと19thアベニューの間を通る60thストリートでようやく停止した。すると、運転していたアンソニー・カスタルドがトラックから降りて走り去ろうとしたため(彼が「ヴァルハラ!」と叫んだかどうかは定かではない)、これを追跡した警察官はテーザー銃を撃ち、カスタルドをその場で逮捕した。カスタルドには飲酒運転に加え、逮捕に抵抗したことなど複数の嫌疑がかけられている(訳者注:ヴァルハラは北欧神話における主神オーディンの宮殿で、戦死したヴァイキングの魂はそこへ運ばれると言われています)。



幸いにも負傷した人はいなかったので、近隣の人々は事故直後の惨状を茫然と眺めていられた。しかし気の毒なのは、クルマやその他の所有物を破壊され、一日を台無しにされた、事故現場付近の住民だ。「とても驚きました」という目撃者のシェーン・デュランドさんは「婚約者と出掛けようと楽しみにしていた土曜日の朝にこのようなことが起こるとは全く想像できず、今は事故に対処しなければなりせん」と語った。

この事故で分かったことは、ゴミ収集車と木が戦ったらどちらが勝つのかということくらいだろう。

ヴァイキング清掃会社は、CBSに宛てた声明で「事故を起こしたドライバーは当社の規定を順守しておらず、今回の重大な事件において現在行われている調査の一環として同者を即座に停職処分としました」と述べている。なお、この騒ぎを引き起こした当時、カスタルドが勤務時間中であったか否かは現時点では不明だ。

By John Beltz Snyder

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

日本版Autoblog

「暴走」をもっと詳しく

「暴走」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ