2気筒ターボ+5速MTの痛快な限定車『フィアット500Sマヌアーレ』が登場

6月14日(木)17時10分 AUTOSPORT web

 生誕60周年のアニバーサリー・イヤーを迎えているイタリアの国民的人気車『フィアット500』に、2気筒エンジン+5速MTの組み合わせで、ドライブを五感で楽しむことのできる限定車『500S Manuale(マヌアーレ)』が登場。6月9日より100台限定で発売開始となっている。


 モデル名に採用された“マヌアーレ”は「自ら操る」を意味するイタリア語で、その名のとおり5速MTを採用し、高出力で低燃費、かつ独特のエンジンフィールを特長とする直列2気筒TwinAirエンジンに組み合わせた限定車ならではの1台となっている。


 このフィアット自慢の技術が採用された直列2気筒8バルブ・マルチエア・インタークーラー付ターボは、ポコポコとしたビート感あるサウンドが楽しいエンジンで、875ccの排気量から85PS/145Nmのアウトプットを発生。JC08モード燃費は26.6km/リッターと、高い省燃費性能も兼ね備えている。


 そのエンジンを5速MTを駆使して回し、小粋なコンパクトボディを自在に操りながら軽やかに街を駆け抜ける、爽快な気分が堪能できるイタリア車らしい1台となっている。

マットな仕上げが新鮮なアルペングリーンと、爽やかなイタリアブルーの2色を用意
ボディカラーに応じてアクセントカラーをあしらったファブリックシートを採用


 個性的な2色のボディカラーに特別色のアルミホイールが設定されたエクステリアは、マットな仕上げが新鮮なアルペングリーンと、爽やかなイタリアブルーの2色を用意。15インチ5ダブルスポーク・アルミホイールは、スポーティな走りを予感させるダークグレーのカラーリングが施された。


 スポーティな世界観を演出した500S専用のインテリアは、ボディカラーに応じてアクセントカラーをあしらったファブリックシートやインストルメントパネル、レザースポーツステアリングホイールなどを採用。ドライビングの楽しさを一層盛り上げる、こだわりに満ちた室内空間となっている。


 限定100台のうち、アルペングリーン・マットメタリックが60台、イタリアブルー・メタリックが40台の内訳。全車右ハンドル仕様で、価格は239万円となっている。

15インチ5ダブルスポーク・アルミホイールは、スポーティな走りを予感させるダークグレーのカラーリングが施された
アルペングリーンのインテリアにはホワイトのアクセントカラーが採用された


公式サイト:http://www.fiat-auto.co.jp/limited/500smanuale/


AUTOSPORT web

「フィアット」をもっと詳しく

「フィアット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ