MotoGP:ロッシ、前戦より「ポテンシャルは高い」がまだ苦戦する部分がある

6月14日(木)17時32分 AUTOSPORT web

 MotoGP第7戦カタルーニャGPを前に、モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスが意気込みを語った。


■バレンティーノ・ロッシ(MotoGPクラスランキング2位)


 前戦イタリアで2戦連続となる表彰台を獲得し、ランキング2位に浮上したロッシ。カタルーニャはロッシが得意とするコースのひとつで、過去5年では2016年に優勝、2014年、2015年に2位に入賞した経験を持つ。


「強くありたい。ポテンシャルはムジェロよりも高いと思う。テストではいくつかのことが見つかった」


「新しいコース路面はヤマハにとってグッドだ。まだいくつか苦戦する部分があるが、集中しなければいけない。決して諦めずに、ポイント獲得にトライしよう」


■マーベリック・ビニャーレス(MotoGPクラスランキング3位)


 ビニャーレスにとってカタルーニャはホームレース。MotoGPクラスでは2016年の4位がベストと表彰台に立った経験はないが、Moto3時代には優勝経験を持つ。


「モンメロ(カタルーニャサーキット)は僕にとって非常に特別なコース。僕のホームグランプリだ。熱狂的なたくさんのファンと共に、いつも美しい雰囲気に包まれる」


「ムジェロのリザルトは別として、僕たちはモチベーションが高く、フィーリングはいい。チャンピオンシップに近づいて行くために、可能な限りに多くのポイントを稼げるようにトライしよう」


「表彰台を獲得したい。そうなれば、僕とチームにとって最高となるだろう。毎戦、ベストセットアップが見つかるように懸命に働いている。ファンのために僕たちのベストを見せよう」


AUTOSPORT web

「MotoGP」をもっと詳しく

「MotoGP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ