巨人ドラ1鍬原、プロ初白星の権利持って降板 6回途中4失点

6月14日(木)20時1分 フルカウント

巨人は阿部、岡本、坂本の本塁打などで1点リード

■ソフトバンク – 巨人(14日・ヤフオクドーム)

 巨人のドラフト1位ルーキー鍬原拓也投手がプロ初勝利の権利を持って降板した。14日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。今季3試合目の先発マウンドに上がり、6回途中4安打7奪三振4失点、1点リードでプロ初白星の権利を持ってマウンドを降りた。

 何とかリードを守った。2回、阿部のソロ本塁打で先制点をもらったが、その裏に松田に2ランを浴びて逆転を許した。だが、4回に岡本が逆転の2ラン。5回に吉川尚のエラーで同点とされたが、6回に坂本のソロ、岡本の適時打で三たび、リードを奪った。

 鍬原は6回に上林にソロ本塁打を浴びて、1点リードの状況で降板となった。2番手・澤村が後続を抑えて1点リードのまま6回が終わり、鍬原はプロ初勝利の権利を持ち、リリーフ陣に後を託した。(Full-Count編集部)

フルカウント

「巨人」をもっと詳しく

「巨人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ