ヤクルト原樹理が好救援「流れ止めてくれた」監督◎

6月14日(木)22時42分 日刊スポーツ

西武対ヤクルト 西武に逆転勝ちし、笑顔でナインを迎える小川監督(中央)(撮影・河野匠)

写真を拡大


<日本生命セ・パ交流戦:西武4−6ヤクルト>◇14日◇メットライフドーム

 ヤクルト原樹理投手が、西武の勢いを断ち切る好投を見せた。6回に先発ハフが外崎にソロ本塁打を打たれると、2番手として登板。ゆったりとしたフォームから力のある直球と変化球を低めに集め、2回1安打無失点に抑えた。
 今季は開幕ローテーション入りを果たしたが勝ち星に恵まれず、0勝5敗で中継ぎに配置転換された。小川監督から「流れを止めてくれた」と言われたが、原は「思い切り腕が振れました。チームが勝って良かった。でも僕で負けている試合が多いので、少しでも取り返していけるように頑張りたいと思います」と、ここからの巻き返しを誓った。

日刊スポーツ

「ヤクルト」をもっと詳しく

「ヤクルト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ