阪神ドリスが39度高熱で登録抹消、今季16セーブ

6月14日(木)16時24分 日刊スポーツ

阪神ドリス

写真を拡大


<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム−阪神>◇14日◇札幌ドーム

 阪神ラファエル・ドリス投手(30)が14日、出場選手登録を抹消された。前日13日に体調不良を訴えて、札幌市内の病院で診察を受けていた。39度台の高熱が続き、熱が引くまで数日かかる見込みで、この日に帰阪を予定している。
 前日13日は、球場には姿を見せず札幌市内のチーム宿舎で静養していた。
 今季はここまで守護神を任されており、22試合に登板して、セ・リーグ2位の16セーブをマーク。防御率は2・05だった。
 代わって伊藤和雄投手(28)が出場選手登録された。

日刊スポーツ

「阪神」をもっと詳しく

「阪神」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ