楽天岸が6勝目、中日は交流戦勝ち越し消滅

6月14日(木)21時10分 日刊スポーツ

楽天対中日 力投する楽天先発の岸(撮影・横山健太)

写真を拡大


<日本生命セ・パ交流戦:楽天4−0中日>◇14日◇楽天生命パーク

 楽天先発は岸、中日先発は吉見の同学年対決。楽天は1回2死二塁、初めて4番で先発したディクソンが左前へ先制打を放った。
 中日は6回、1死二塁から京田が遊撃手の頭上を越える左中間安打。中堅手の田中が二塁走者の大野奨を本塁で刺した。
 楽天岸は8回を4安打無失点に抑えて6勝目。交流戦通算20勝目を挙げた。中日は吉見が粘りの投球も、交流戦の勝ち越しが消えた。

日刊スポーツ

「楽天」をもっと詳しく

「楽天」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ