ヤクルト山田哲人2戦連続スタメン外れも抹消せず

6月14日(木)17時56分 日刊スポーツ

西武対ヤクルト 練習中、笑顔を見せるヤクルト山田(撮影・鈴木正人)

写真を拡大


<日本生命セ・パ交流戦:西武4−6ヤクルト>◇14日◇メットライフドーム

 ヤクルト山田哲人内野手が2試合連続でスタメンを外れた。12日の西武戦で左肘を痛めており、前日13日の同戦も、代走で途中出場したのみだった。
 練習前、小川淳司監督は「この交流戦の間は、たぶんスタメンで出られないと思う。昨日よりは良くなっているけど、打席はしばらく無理。守る方も無理かな」と説明。出場選手登録は抹消しない方針で「今の段階では、復帰まで10日間はかからないんじゃないかという判断です」との見通しを示した。
 山田哲は試合前の打撃練習は回避したものの、軽めのキャッチボールを実施して練習を終えた。試合にはベンチ入りしている。

日刊スポーツ

「ヤクルト」をもっと詳しく

「ヤクルト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ