日本ハム、阪神を圧倒「みんながんばった」栗山監督

6月14日(木)23時23分 日刊スポーツ

日本ハム対阪神 試合後、中田を出迎える栗山監督(撮影・黒川智章)

写真を拡大


<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム11−3阪神>◇14日◇札幌ドーム

 日本ハムが投打で阪神を圧倒して連勝、カードを勝ち越した。
 打線は初回に中田の内野ゴロの間に先制。5回には中島の2年ぶりの犠飛で追加点。6回は大田の2点適時二塁打、中田の15号2ランなどで4点を加え、8回も近藤の3点適時二塁打でダメ押し。投げては先発のマルティネスが7回無失点と好投。毎回走者を許したが、決定打は防ぎ続けた。
 連勝で阪神戦の勝ち越しを決め、交流戦も7勝7敗の勝率5割となった。栗山英樹監督(57)は「今日は、みんながんばったので良かったです」と、一息ついた。15日からは交流戦で好調なヤクルトを本拠地・札幌ドームで迎え撃つ。「とにかく明日。本当に好調なチームと戦う。しっかり戦いたい。がむしゃらに勝ちに行くしかない」と、勝って兜の緒を締めていた。

日刊スポーツ

「日本ハム」をもっと詳しく

「日本ハム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ