東北福祉大8強「吉田に始まり吉田で終わった」監督

6月14日(木)16時2分 日刊スポーツ

白 鴎 大対東北福祉大 タイブレーク10回裏東北福祉大無死満塁、サヨナラ勝ちし喜ぶ東北福祉大ナイン(撮影・滝沢徹郎)

写真を拡大


<全日本大学野球選手権:東北福祉大2−1白鴎大>◇14日◇準々決勝◇神宮

 東北福祉大(仙台6大学)が白鴎大(関甲新学生)を延長タイブレークの末、10回裏無死満塁から1番吉田隼外野手(4年=国士舘)がサヨナラ中犠飛を放ち、振り切った。
 吉田は初回にも初球をとらえ、左越えの先頭打者先制アーチを放っていた。
 優勝した04年以来の準決勝進出を決めた大塚光二監督(50)は「吉田に始まり、吉田で終わった」と胸をなでおろした。

日刊スポーツ

「東北」をもっと詳しく

「東北」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ