新体操日本と個人代表皆川夏穂はメダル射程圏内

6月14日(木)20時7分 日刊スポーツ

新体操日本代表の公開練習に臨む鈴木(中央)ら団体戦のメンバー(撮影・小沢裕)

写真を拡大


 新体操団体の日本代表「フェアリージャパン」と、個人日本代表の皆川夏穂(20=イオン)らが14日、都内で練習を公開。
 9月の世界選手権(ブルガリア・ソフィア)に向けて、山崎浩子強化本部長は「団体も個人も少しランクが上がった。特に団体は入賞クラスからメダルを狙える位置まで来ている」と手応えを感じていた。団体は、今度の世界選手権で3位に入ると、20年東京オリンピックの出場権を得られる。開催国枠はあるが、杉本早裕吏主将は「開催国枠ではなく3位に入って取りたい」と意欲を見せた。

日刊スポーツ

「新体操」をもっと詳しく

「新体操」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ