マエケン復帰戦は5回2失点「のらりくらり抑えて」

6月14日(木)16時27分 日刊スポーツ

レンジャーズ戦に先発し、力投するドジャース前田(撮影・菅敏)

写真を拡大


<ドジャース3−2レンジャーズ>◇13日(日本時間14日)◇ドジャースタジアム

 ドジャース前田健太投手は5回5安打2失点で、5勝目はならなかった。
 決め球のスライダーと直球がさえ、3回まで無失点に抑えていたが、4回1死から3連打を浴びて2失点。右股関節の違和感から中14日空けての復帰登板だったため、予定されていた5イニングを投げ終わり、76球で交代となった。直球の最速は93マイル(約150キロ)だった。
 試合後、投球を振り返り「無事投げられて良かったという感じです。まずは普通に投げられたことが一番。良い守備に助けられたりとか、のらりくらり抑えていくことができたので、(復帰して)最初の試合にしては良かった」と胸をなで下ろした。

日刊スポーツ

「復帰」をもっと詳しく

「復帰」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ