スカパー!サヨナラ賞 18年5月 DeNA・山下、ロッテ・清田

6月14日(木)13時28分 スポーツニッポン

5月31日の楽天戦の延長10回2死二塁、サヨナラ打を放った山下(右)はラミレス監督と抱き合う(撮影・島崎忠彦)

写真を拡大

 【18年5月スカパー!サヨナラ賞】DeNAの山下幸輝内野手(25)とロッテの清田育宏外野手(32)が受賞した。

 山下は5月31日楽天戦(横浜)で、3対3で迎えた延長10回2死二塁に右越え適時打。2ストライクから松井の3球目チェンジアップを振り抜いた。9回から守備固めで登場し、今季初出場初打席で自身初となるサヨナラ打を放った。「2軍では、1軍でヒーローになるつもりでやってきた。絶対に打ってやろうと思った。緊張が解けた瞬間、涙が出てきました」と号泣した。

 清田は5月24日日本ハム戦(ZOZOマリンスタジアム)で6対6の延長12回2死一、三塁に玉井の速球を左前へと運ぶ適時打。井口政権下初のサヨナラ勝ちに「応援のおかげ。打ててうれしい」と笑顔を見せた。

スポーツニッポン

「サヨナラ」をもっと詳しく

「サヨナラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ