ヤクルト・青木、史上9人目の先頭打者ランニング本塁打!球団26年ぶり

6月14日(木)19時18分 スポーツニッポン

<西・ヤ3>1回 無死 ランニングホームランにガッツポーズするヤクルト・青木 (撮影・白鳥佳樹) 

写真を拡大

 ◇交流戦 西武—ヤクルト(2018年6月14日 メットライフD)

 ヤクルトの青木宣親外野手(36)が、14日に行われた西武戦で史上9人目となる先頭打者ランニング本塁打を放った。

 青木は「1番・中堅」でスタメン出場。初回、カウント1−2となった4球目をセンターへ打ち上げると、秋山が飛球を見失い頭上を越えフェンスへ。打った青木は、全力疾走で本塁へ滑り込んだ。

 ランニング本塁打の先頭打者弾は2014年5月6日、ロッテ・荻野貴司外野手以来4年ぶり。ヤクルトでは、1992年4月26日、飯田哲也外野手以来26年ぶり2人目となった。

スポーツニッポン

「ランニング」をもっと詳しく

「ランニング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ