「MLB日本人選手」検索数ランキング! 1位はやはり「大谷翔平」、では続く2位は?【2024年5月版】

2024年6月15日(土)19時40分 All About

All About ニュース編集部は2024年5月のGoogle検索ボリュームの調査を実施。「MLB日本人選手検索数」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:ドジャース公式Instagram)

写真を拡大

All About ニュース編集部は5月1〜31日の期間、Googleの検索ボリュームを調査するツールを複合的に用いて検索数の調査を実施しました。今回はその中から「MLB(メジャーリーグベースボール)日本人選手検索数」ランキングを紹介します!

同率2位:山本由伸


同率2位、1人目はロザンゼル・ドジャースの山本由伸投手です。2023年にポスティングシステムを使い、ドジャースと12年3億2500万ドルで契約合意しました。
日本時間6月8日にはヤンキース戦に先発出場し、メジャー移籍後では最速となる158.3キロをマーク。自己最多の106球を投げ、安定感のあるピッチングを披露しています。

同率2位:今永昇太


同率2位、2人目はシカゴ・カブスの今永昇太投手です。4月のメジャーデビューから圧巻の投球を続けています。
3〜4月は開幕4連勝、防御率0.98の活躍を見せ、月間最優秀新人賞を受賞。新人王や日本人選手初となるサイ・ヤング賞獲得の期待も高まっています。

1位:大谷翔平


1位にランクインしたのは、ドジャースの大谷翔平選手です。2023年12月に大リーグのエンゼルスからドジャースに移籍、2月には結婚を発表しました。
大谷さんといえば豪快なホームランを放つ二刀流のイメージが強いですが、6月2日(日本時間)にはメジャー通算100盗塁を達成。投打のみならず走力でも無双しています。
この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間120本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
(文:くま なかこ)

All About

「検索」をもっと詳しく

「検索」のニュース

「検索」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ