リバプールからサッキのミランへ。4-4-2戦術の発展と、ゾーンディフェンス+プレッシング【西部の4-4-2戦術アナライズ】

6月15日(水)10時20分 フットボールチャンネル

フラットな4-4-2の原型はリバプールに

 アトレティコが躍進して以降、復活の感があるフラットな4-4-2システム。だが昨今各国リーグで成果を上げている4-4-2は、以前のそれとは様相が異なっている。かつてサッカー界にインパクトを与えた4-4-2とはどのようなものか。現在のスタンダードを作ったチームは、リバプールとACミランだった。(文:西部謙司)

——————————

 70〜80年代にヨーロッパを席巻したリバプールの4-4-2は、アトレティコ・マドリーなどが使っている現在の4-4-2の原型だった。リバプール以前にも4-4-2はあったが、ポジションに対する考え方が違っている。

 リバプール以前はポジションというより役割だった。プレーメーカー、攻撃的MF、守備的MF、ボランチ……これらはプレーヤーの特徴や役割を表したもので、場所は限定していない。中盤をフラットな横並びにしたリバプールの4-4-2では、ポジションは文字どおり場所になっている。中盤の右、中央右、中央左、左。それだけなのだ。

 チャンピオンズカップに初優勝した76-77シーズンのプレーメーカーはイアン・キャラハン。インサイドキックのパススピードと精度は格別で、30メートル級のパスをグラウンダーでピシャリと蹴る力があった。当時、30メートルのパスはロングパスと呼ばれていてサイドキックで通せる距離とは考えられていなかった。流れを読む能力、運動量、卓越したボールコントロールと一級のプレーメーカーである。ただ、リバプールにおいてのキャラハンはあくまで中央右側を担当するMFの1人という位置づけなのだ。

 キャラハンの能力は格別だったけれども、与えられている役割自体は他のMF 3人と同じ。担当するエリアにおいての攻守を割り振られている点で同じなのだ。プレーの流れの中で中央左を担当するレイ・ケネディと入れ替わったり、他のポジションと一時的に替わることはある。ただ、とくにキャラハンにボールを集めるわけでもなく、守備を免除されてもいない。右のジミー・ケース、左のテリー・マクダーモットも同じように与えられたエリアでの攻守をこなしていた。

機械的でシンプル、ある意味現代的だった攻守

 現在の読者にとっては、リバプールよりもむしろそれ以前のサッカーのほうが馴染みがないだろうから補足すると、守備は基本的にマンツーマンだった。中盤ではゾーンで守るケースもあったが、実質的にはマンツーマンと変わらない。なぜかというと、例えば3人のMFのうち1人はマークする相手が決まっていて、残りの2人が相手の2人をみるので、ゾーンといってもほぼマンツーマンと変わらないわけだ。

 リバプールの場合は、MF 4人がフィールドの横幅をカバーする。ボールに対するチャレンジと、その斜め後方でのカバーリング。4人が防波堤として機能していて、マークは受け渡し。攻撃はある程度の自由度はあっても自分のポジションの上下動である。

 特定の選手(プレーメーカー)にボールを集めることもしていない。リバプールの特徴はキャラハンに代表されるようなグラウンダーの縦へのパスだった。空いているかぎりは間髪入れずに縦へつなぐ。誰かを経由しての攻撃ではなく、誰からでも素早く前線にフィードした。

 縦につけてサイドへ、サイドからもシンプルに中へ。手数をかけない、いわゆるダイレクトプレーだが、それを高い精度で行っていた。それ以前の偉大なチームと比べると、選手の特徴に依存しないリバプールの攻守は機械的でシンプル、ある意味現代的。半面、個性や意外性はさほどない。

リバプールの4-4-2を発展させたACミラン

 初優勝の立役者だったケビン・キーガンはハンブルガーSV(西ドイツ)に移籍し、他のポジションも世代交代が行われながらリバプールは一貫して強かった。キーガンの後釜としてエースナンバーの7番を継いだケニー・ダルグリッシュ、その次にはピーター・ベアズリー。キャラハンが抜ければグラーム・スーネス、CBもエムリン・ヒューズからアラン・ハンセンとしっかり穴埋めされている。ただ、戦術的な機能性が機械的だったので人材の影響を受けにくかった面はあるだろう。

 リバプールの4-4-2を継承、発展させたのは意外なことにイタリアのクラブだった。マンツーマンとリベロの王国だったイタリアのACミランは、戦術史をそれ以前と以後に隔てる分岐点になったチームといっていい。

 88-89、89-90シーズンとチャンピオンズカップを連覇したミランは、アリゴ・サッキ監督が画期的なプレッシング戦法を導入した。

 基本はリバプール式の中盤をフラットにした4-4-2。戦術マニアのサッキ監督は中盤をダイヤモンドに組んだり、片側だけウイングを置いた形なども使っていたが、ベースはリバプール方式である。リバプールから発展させたのはプレーの強度だ。

 マウロ・タソッティ、アレッサンドロ・コスタクルタ、フランコ・バレージ、パオロ・マルディーニの4バックがディフェンスラインを高く保ち、全体を30メートル前後のコンパクトな陣形に維持している。このコンパクトさが従来にはない新しさだった。そのために、ラインの上げ下げを細かく行っている。

ゾーンディフェンスとプレッシング

 ラインコントロールの緻密さと大胆さは、目を見張るものがあった。それまでにも一気にラインを押し上げるオフサイドトラップは使われていたが、ミランの場合はコンパクトさの維持が目的であり、相手へのプレッシャーのかかり具合やボールの状態によって、3〜5メートルの上げ下げを繰り返すラインコントロールなのだ。

 緻密なラインコントロールによって全体をコンパクトにしたことで、守備をするスペースは限定できる。その中で猛烈なプレッシングを敢行した。守備エリアを限定できたことが大きいが、高いインテンシティーを養成するためにミランは「鳥かご」と呼ばれる小さめのフィールドを作り、インテンシティーの高い状態での攻守に慣れさせていた。サッキ監督によると「自分の発明は戦術ではなく練習方法」だそうだ。

 プレッシングは74年ワールドカップでのオランダによって有名になっていたが、オランダが常に「ボール狩り」を行っていたわけではない。ミランの場合、コンパクトな状態を維持したことでほぼ90分間、相手に対してプレッシングをかけ続けることを可能にした。プレーのテンポは上がり、強度も格段にアップ。対戦相手はミランのペースについていけない。ゾーンディフェンスとプレッシングをセットにしたミランの新戦術の効果は衝撃的で、やがてこの戦術は世界のスタンダードになっていく。

(文:西部謙司)

フットボールチャンネル

「ACミラン」をもっと詳しく

「ACミラン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ