西武・辻監督、痛恨の9回逆転負けに「あそこで逃げ切って勝てれば勢いに…」

6月15日(土)18時39分 フルカウント

4点差の8回に中村の走者一掃3点二塁打などで逆転も…

■ヤクルト 6-5 西武(交流戦・15日・メットライフ)

 西武が15日のヤクルト戦(メットライフドーム)で痛恨の逆転負けを喫した。4点を追う8回、中村の走者一掃の3点二塁打などで5点を返し一気に逆転に成功したが、9回に守護神・増田が味方の失策も絡み2失点でセーブ失敗。試合をひっくり返され5-6で敗れた。

 8回に逆転に成功し、1点リードして迎えた最終回はクローザーの増田が登板。しかし先頭の6番・中村の打球に源田が間一髪で追いつき捕球したものの、送球が乱れた。結果遊撃への内野安打に失策が記録され、無死二塁といきなり得点圏に走者を背負うと、さらに続く山崎の犠打を処理しようとした増田の野選で無死一、三塁とピンチを広げた。代打・荒木のタイムリーで同点とされると、山田哲の犠飛で逆転を許した。9回を任された抑えの増田は「自分の技術不足です。チームに申し訳ない」と肩を落とした。

 指揮官は「あそこで逃げ切って勝てれば勢いに乗れた」と悔やんだが、「増田はずっとよかった。今日はエラーもあったし、しょうがない」と守護神を責めなかった。(安藤かなみ / Kanami Ando)

フルカウント

「西武」をもっと詳しく

「西武」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ