稀勢の里らの稽古が授業に 徳島の大学生リポート

6月15日(金)8時29分 日刊スポーツ

徳島文理大で会見した田子ノ浦親方

 大相撲の横綱稀勢の里(31)、大関高安(28)らが所属する、田子ノ浦部屋の稽古が授業になる。同部屋は今日15日から3日間、徳島市の徳島文理大で合宿を実施。14日は同大で師匠の田子ノ浦親方(41=元前頭隆の鶴)が会見し、合宿のために体育館内につくられた土俵が披露された。会見には村崎正人理事長ら徳島文理大関係者も同席し、15日に1年生約800人が、必修科目「文理学」の授業の一環として稽古見学することが明かされた。

 村崎理事長は「常に努力することの大切さを感じてほしい」と話し、今回の稽古見学で学んだことを、学生にはリポート提出を求める予定。15日は他にも付属の幼稚園児、小学生、16日はOB、17日は地元住民らが見学予定。田子ノ浦親方は「環境を変えて稽古することで、関取衆も頑張ってくれると思う」と協力姿勢を示した。

日刊スポーツ

「稀勢の里」をもっと詳しく

「稀勢の里」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ