【新馬戦出走馬】重賞3勝ショウリュウムーンの初子、ショウリュウイクゾが母の輝いた阪神で初陣飾るぞ

6月15日(金)6時1分 スポーツ報知

デビュー戦へ入念に乗り込まれたショウリュウイクゾ

写真を拡大


 母が輝いた舞台で初陣を飾るか。10年のチューリップ賞など重賞3勝を挙げたショウリュウムーンの初子、ショウリュウイクゾ(牡、父オルフェーヴル)が、17日の阪神芝1600メートルでデビューする。

 今週の栗東・坂路でラスト12秒1をマーク。同じ条件のチューリップ賞でのちの3冠牝馬アパパネを差し切った母から瞬発力を受け継いでおり、「ここを目標にコースと坂路を併用してしっかり乗り込んできた。今週の上がりは相当速い」と佐々木調教師も満足する能力と仕上がりだ。

 父は、エポカドーロ(皐月賞)、ラッキーライラック(阪神JF)と3歳世代で2頭のG1馬を送り出したオルフェーヴル。「癖がなくて、素直。距離は1600メートル以上でよさそう」と佐々木師。母に続く確かな第一歩を踏み出したい。(橋本 樹理)

スポーツ報知

「重賞」をもっと詳しく

「重賞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ