ポルトガル代表 Cロナ“バロンドールの呪い”打ち砕けるか

6月15日(金)7時48分 スポーツニッポン

悲願の世界一に挑む、ポルトガル代表のC・ロナウド(AP)

写真を拡大

 ◇W杯ロシア大会1次リーグB組 ポルトガル−スペイン(2018年6月16日 ソチ)

 C・ロナウドが“4度目の正直”で悲願の世界一に挑む。W杯は過去3大会の計13試合でわずか3得点。同国最多を誇る国際Aマッチ通算81得点(150試合)に比べると物足りない数字だ

 。昨年にアルゼンチン代表FWメッシに並ぶ最多5度目のバロンドール(世界最優秀選手)を獲得。同賞受賞者が直後のW杯で優勝した例はないが「私は史上最高の選手」と口にしたエースが“呪い”と呼ばれるジンクスを破れるか注目だ。イベリア半島対決となる相手のスペインでロペテギ監督が電撃解任されたことを受け、MFベルナルドは「うちのサントス監督がいなくなったら大変」と話した。

スポーツニッポン

「ポルトガル」をもっと詳しく

「ポルトガル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ