小平、名門コースの洗礼に痛恨トリプルボギー 前半だけで7オーバー

6月15日(金)7時48分 スポーツニッポン

 ◇米男子ゴルフツアー 全米オープン第1日(2018年6月14日 米ニューヨーク州サウサンプトン シネコックヒルズGC=6440ヤード、パー70)

 インから出た世界ランク10位の松山英樹(26=LEXUS)は12番でバーディーを奪ったものの、ハーフを4オーバー、39で折り返した。エース1Wが破損するアクシデントに見舞われた中で安定したショットを見せたが、16番で痛恨のダブルボギーを叩いた。同じくインスタートの小平智(28=Admiral)は後半の2番を終えて通算8オーバーと大きくスコアを崩した。

 小平はいきなり「名門コース」の洗礼を浴びた。インから出て最初の10番。ティーショットはフェアウエーにつけたが、2打目をグリーンオーバー。傾斜からの第3打、第4打が寄らずに元に戻ってくるミスショットもあり、5オン2パット。痛恨のトリプルボギーとなった。その後も難コースに手を焼き、13番でダブルボギーを叩くなど、前半だけで7オーバーと崩れた。

 4月のRBCヘリテージで衝撃的な米ツアー初優勝から2カ月。初めて米ツアーメンバーとして参戦した5月プレーヤーズ選手権以降は4戦中3戦で予選落ちと精彩を欠いた。残りのシーズンで可能な限り多くの大会に出場し、自分に適した稼げるコースを選定する。多少の無理は承知で来季を見据えた戦いを展開しているが、日本とは違う長時間の移動などで疲労はピークに。先週は1週間を休養に充て自分のゴルフを見つめ直した。

 練習ラウンドを終えた段階で、予選ラウンドはじっくり構えて決勝でギアを入れ替える「身の丈に合った」プランを選んだ。しかし、そのもくろみは早々に崩れてしまった。

スポーツニッポン

「男子ゴルフ」をもっと詳しく

「男子ゴルフ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ