準備はできていたはずだが…サウジ “戦意喪失”大敗

6月15日(金)5時48分 スポーツニッポン

 ◇W杯ロシア大会1次リーグA組 サウジアラビア0—5ロシア(2018年6月14日)

 サウジアラビアはアジア勢として、W杯16試合ぶりの勝利はならなかった。

 試合前にピッツィ監督が「主役になる準備はできている」と話せば、O・ハウサウィも「決勝トーナメントに進むことも不可能ではない」とコメント。強気の姿勢でホスト国に挑んだが、クロス対応の甘さから前半12分に失点した。

 43分にはカウンターから追加点を奪われ、さらに後半26分には相手FWの高さに屈し3失点目。アディショナルタイムにも2点を失い、大事な初戦で大敗を喫した。

スポーツニッポン

「W杯」をもっと詳しく

「W杯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ