中日 4年ぶりの交流戦勝ち越し消滅 森監督「点が取れなきゃしようがない」

6月15日(金)7時48分 スポーツニッポン

中日ベンチに隠れるドアラ(右)をちらっと見る岸(撮影・篠原岳夫)

写真を拡大

 ◇交流戦 中日0—4楽天(2018年6月14日 楽天生命パーク)

 中日は今季4度目の零敗で、14年以来の交流戦勝ち越しの可能性は消滅した。

 先発の吉見は7回まで1失点と踏ん張ったが、8回にアマダーに左越え2ランを被弾。結局、7回2/3を4失点で2敗目を喫し「岸は抑えて、僕は打たれただけです」と唇をかんだ。森監督は「1点が取れなきゃ、2点目はない。点が取れなきゃしようがない」と岸の好投に脱帽した。

スポーツニッポン

「中日」をもっと詳しく

「中日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ