序盤から緊迫の接近戦。首位50号車フェラーリにペナルティ/2024WEC第4戦ル・マン決勝1時間後

2024年6月16日(日)0時12分 AUTOSPORT web

 2024年WEC世界耐久選手権の第4戦、第92回ル・マン24時間レースの決勝が、フランス・ル・マンのサルト・サーキット(ル・マン24時間サーキット)で始まった。現地時刻6月15日16時にスタートしたレースは、1時間が経過した時点で50号車フェラーリ499P(フェラーリAFコルセ)がリードしている。


 正午すぎのウォームアップが終了したあとには、一時まとまった雨に見舞われたル・マンだったが、16時のスタートまでに雨は上がり、ドライコディションでレースはスタート。ポールポジションの6号車ポルシェ963(ポルシェ・ペンスキー・モータースポーツ)を先頭に、ダンロップシケインに突入していく。


 4番グリッドスタートだった50号車フェラーリのニクラス・ニールセンが好ダッシュを見せ、オープニングラップのインディアナポリスの進入までに首位へと躍り出る。


 僚友51号車のアントニオ・ジョビナッツィも序盤のうちに2番手へと浮上すると、開始30分過ぎにはミュルサンヌでリヤをスライドさせたニールセンをジョビナッツィがパス。しかしその後のストレート後半ではサイド・バイ・サイドの同門対決から、50号車のニールセンがトップを奪い返すという接近戦が繰り広げられた。




 40分すぎから始まったハイパーカークラスの最初のルーティンピットでは上位勢が同時ピットとなるが、ここで6号車ポルシェが素早い作業で首位を奪い返す。その背後では50号車フェラーリが3号車キャデラックVシリーズ.Rの鼻先でピットアウトするが、これはのちにアンセーフリリースと判定され、50号車には次のピットストップで10秒の静止時間が加算されることになった。


 それでもコース上では僅差の接戦が続き、ユノディエールの第2シケイン先で50号車フェラーリは6号車ポルシェを再逆転し、最初の1時間を首位で迎えている。


 2番手は6号車ポルシェ、3番手は51号車フェラーリ。11番手スタートの8号車トヨタは、ブエミが5番手までポジションを上げている。


 LMP2クラスはプロトン・コンペティションの9号車オレカ07・ギブソンが首位に立ち、LMGT3ではクラスポールスタートのインセプション・レーシング70号車マクラーレン720S GT3 Evoが隊列をリードしている。


■2024WEC第4戦ル・マン24時間 1時間経過時点


























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































Pos.No.ClassTeamCarDriverTyreLaps
150HYPERCARフェラーリAFコルセフェラーリ499PA.フォコ
M.モリーナ
N.ニールセン
MI16
26HYPERCARポルシェ・ペンスキー・
モータースポーツ
ポルシェ963K.エストーレ
A.ロッテラー
L.ファントール
MI16
33HYPERCARキャデラック・レーシングキャデラックVシリーズ.RS.ブルデー
R.バン・デル・ザンデ
S.ディクソン
MI16
451HYPERCARフェラーリAFコルセフェラーリ499PA.ピエール・グイディ
J.カラド
A.ジョビナッツィ
MI16
58HYPERCARトヨタ・ガズー・レーシングトヨタGR010ハイブリッドS.ブエミ
B.ハートレー
平川亮
MI16
635HYPERCARアルピーヌ・エンデュランス・チームアルピーヌA424P-L.シャタン
F.ハプスブルク
C.ミレッシ
MI16
783HYPERCARAFコルセフェラーリ499PR.クビサ
R.シュワルツマン
Y.イェ
MI16
836HYPERCARアルピーヌ・エンデュランス・チームアルピーヌA424N.ラピエール
M.シューマッハー
M.バキシビエール
MI16
95HYPERCARポルシェ・ペンスキー・
モータースポーツ
ポルシェ963M.キャンベル
M.クリステンセン
F.マコウィッキ
MI16
1038HYPERCARハーツ・チーム・JOTAポルシェ963O.ラスムッセン
P.ハンソン
J.バトン
MI16
11311HYPERCARウェーレン・キャデラック・レーシングキャデラックVシリーズ.RL.F.デラーニ
J.エイトケン
F.ドルゴヴィッチ
MI16
124HYPERCARポルシェ・ペンスキー・
モータースポーツ
ポルシェ963M.ジャミネ
F.ナッセ
N.タンディ
MI16
132HYPERCARキャデラック・レーシングキャデラックVシリーズ.RE.バンバー
A.リン
A.パロウ
MI16
1493HYPERCARプジョー・トタルエナジーズプジョー9X8J-E.ベルニュ
M.イェンセン
N.ミューラー
MI16
1512HYPERCARハーツ・チーム・JOTAポルシェ963W.スティーブンス
N.ナト
C.アイロット
MI16
1694HYPERCARプジョー・トタルエナジーズプジョー9X8S.バンドーン
P.ディ・レスタ
L.デュバル
MI16
177HYPERCARトヨタ・ガズー・レーシングトヨタGR010ハイブリッドJ-M.ロペス
小林可夢偉
N.デ・フリース
MI16
1819HYPERCARランボルギーニ・
アイアン・リンクス
ランボルギーニSC63R.グロージャン
A.カルダレッリ
M.カイローリ
MI16
1963HYPERCARランボルギーニ・
アイアン・リンクス
ランボルギーニSC63M.ボルトロッティ
D.クビアト
E.モルタラ
MI16
2020HYPERCARBMW MチームWRTBMW MハイブリッドV8S.ファン・デル・リンデ
R.フラインス
R.ラスト
MI16
2111HYPERCARイソッタ・フラスキーニイソッタ・フラスキーニ・
ティーポ6-C
C.W.ベネット
J-K.ベルネイ
A.セラバッレ
MI16
229LMP2プロトン・コンペティションオレカ07・ギブソンJ.リード
M.カピエット
B.ビスカール
GY15
2365LMP2
Pro/Am
パニス・レーシングオレカ07・ギブソンR.セラーズ
M.ベッシェ
S.ハファカー
GY15
2422LMP2ユナイテッド・オートスポーツオレカ07・ギブソンO.ジャービス
B.ガーグ
N.シーゲル
GY15
2537LMP2クール・レーシングオレカ07・ギブソンL.フルクサ
M.ヤコブセン
宮田莉朋
GY15
2615HYPERCARBMW MチームWRTBMW MハイブリッドV8D.ファントール
R.マルチェッロ
M.ウィットマン
MI15
2728LMP2IDECスポールオレカ07・ギブソンP.ラファーグ
J.バン・ウイタート
R.ドゥ・ジェルス
GY15
2810LMP2ベクター・スポーツオレカ07・ギブソンR.カレン
P.ピレ
S.リケルミ
GY15
2924LMP2ニールセン・レーシングオレカ07・ギブソンF.シェラー
D.ハイネマイヤー・ハンソン
シンプソン
GY15
3034LMP2インターユーロポル・コンペティションオレカ07・ギブソンJ.スミエコウスキー
V.ロムコ
C.ノバラク
GY15
3130LMP2
Pro/Am
デュケーヌ・チームオレカ07・ギブソンJ.ファルブ
J.アレン
J-B.シムナウアー
GY15
3214LMP2
Pro/Am
AO・バイ・TFオレカ07・ギブソンPJ.ハイエット
L.デレトラズ
A.クイン
GY15
33183LMP2
Pro/Am
AFコルセオレカ07・ギブソンF.ペロード
B.バーニコート
N.バローネ
GY15
3445LMP2
Pro/Am
クラウドストライク・レーシング・バイ・APRオレカ07・ギブソンG.カーツ
C.ブラウン
N.キャツバーグ
GY15
3533LMP2
Pro/Am
DKRエンジニアリングオレカ07・ギブソンA.マッチュール
R.ビンダー
L.ホア
GY15
3623LMP2
Pro/Am
ユナイテッド・オートスポーツUSAオレカ07・ギブソンB.キーティング
F.アルバカーキ
B.ハンリー
GY14
3799HYPERCARプロトン・コンペティションポルシェ963N.ジャニ
H.ティンクネル
J.アンドラウアー
MI14
3870LMGT3インセプション・レーシングマクラーレン720S LMGT3エボB.イリーブ
O.ミルロイ
F.シャンドルフ
GY14
3977LMGT3プロトン・コンペティションフォード・マスタングLMGT3R.ハードウィック
Z.ロビション
B.バーカー
GY14
4066LMGT3JMWモータースポーツフェラーリ296 LMGT3G.ペトロベッリ
L.T.ホールデ
S.ヨルク
GY14
4188LMGT3プロトン・コンペティションフォード・マスタングLMGT3G.ローダ
M.ペデルセン
D.オルセン
GY14
4259LMGT3ユナイテッド・オートスポーツマクラーレン720S LMGT3エボJ.コッティンガム
N.コスタ
G.ソーシー
GY14
4395LMGT3ユナイテッド・オートスポーツマクラーレン720S LMGT3エボ濱口弘
N.ピノ
佐藤万璃音
GY14
4460LMGT3アイアン・リンクスランボルギーニ・
ウラカンLMGT3エボ2
C.スキアボーニ
M.クレッソーニ
F.ペレラ
GY14
4546LMGT3チームWRTBMW M4 LMGT3A.アル・ハーティ
V.ロッシ
M.マルタン
GY14
4644LMGT3プロトン・コンペティションフォード・マスタングLMGT3J.ハーツホーン
B.タック
C.ミース
GY14
4727LMGT3ハート・オブ・レーシングチームアストンマーティン・
バンテージAMR LMGT3
I.ジェームズ
D.マンチネッリ
A.リベラス
GY14
4887LMGT3アコーディスASPチームレクサスRC F LMGT3木村武史
E.マッソン
J.ホークスワース
GY14
4985LMGT3アイアン・デイムスランボルギーニ・
ウラカンLMGT3エボ2
S.ボビー
M.ガッティン
R.フレイ
GY14
5055LMGT3ビスタAFコルセフェラーリ296 LMGT3F.エリオ
S.マン
A.ロベラ
GY14
5192LMGT3マンタイ・ピュアレクシングポルシェ911 GT3 R LMGT3A.マリキン
J.シュトーム
K.バハラー
GY14
52777LMGT3Dステーション・レーシングアストンマーティン・
バンテージAMR LMGT3
星野敏
E.バスタード
M.ソーレンセン
GY14
5391LMGT3マンタイEMAポルシェ911 GT3 R LMGT3Y.シャヒン
M.シューリング
R.リエツ
GY14
5486LMGT3GRレーシングフェラーリ296 LMGT3M.ウェインライト
D.セラ
R.ペーラ
GY14
5531LMGT3チームWRTBMW M4 LMGT3D.レオン
S.ゲラエル
A.ファーフス
GY14
5654LMGT3ビスタAFコルセフェラーリ296 LMGT3T.フロー
F.カステラッチ
D.リゴン
GY14
5782LMGT3TFスポーツシボレー・コルベットZ06 LMGT3.R小泉洋史
S.バウド
D.ジュンカデラ
GY14
58155LMGT3スピリット・オブ・レースフェラーリ296 LMGT3J.ラウルセン
C.ラウルセン
J.テイラー
GY14
5981LMGT3TFスポーツシボレー・コルベットZ06 LMGT3.RT.ファン・ロンパウ
R.アンドラーデ
C.イーストウッド
GY14
6025LMP2アルガルベ・プロ・レーシングオレカ07・ギブソンM.カイザー
O.コールドウェル
R.デ・アンジェリス
GY13
6178LMGT3アコーディスASPチームレクサスRC F LMGT3A.ロバン
T.ボグスラフスキー
K.ファン・デル・リンデ
GY13
6247LMP2
Pro/Am
クール・レーシングオレカ07・ギブソンN.ラオ
M.ベル
F.ベスティ
GY11


※リザルトは編集部集計

50号車フェラーリ499P(フェラーリAFコルセ) 2024年WEC第4戦ル・マン24時間
2024年ル・マン24時間の名誉スターターを務めたサッカー元フランス代表のジネディーヌ・ジダン


投稿 序盤から緊迫の接近戦。首位50号車フェラーリにペナルティ/2024WEC第4戦ル・マン決勝1時間後autosport webに最初に表示されました。

関連記事(外部サイト)

AUTOSPORT web

「ル・マン」をもっと詳しく

「ル・マン」のニュース

「ル・マン」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ