一にも二にもリオネル・メッシ。アルゼンチン、32年ぶり優勝は10番の『自由度』次第【ロシアW杯注目国分析】

6月16日(土)15時0分 フットボールチャンネル

大会直前のテストマッチが中止に

 2018FIFAワールドカップロシアが開幕した。各国がそれぞれの目標を達成するために23選手を選抜し、コンティション調整を続けている中、本大会を前に注目国の状況をチェックする。今回はリオネル・メッシ擁するアルゼンチン代表。(文:編集部)

——————————

【アルゼンチン代表】
FIFAランキング:5位(2018年6月)
監督: ホルヘ・サンパオリ(2017年〜)
12大会連続17回目の出場
最高成績:優勝(1978年アルゼンチン大会、1986年メキシコ大会)
南米予選3位通過

 世界最高の選手をワールドカップで見られないかもしれない。アルゼンチン代表は危機に直面していた。

 南米予選で苦戦を強いられ、2度の監督交代を経験。ホルヘ・サンパオリ体制になり、最終節でリオネル・メッシのハットトリックで何とか本大会にストレートインした。ロシアワールドカップがメッシ不在の大会にならずに済んだ。

[3−3−1−3]の布陣にトライしてきたが、昨年11月の親善試合ではナイジェリアに2−4と逆転負けを喫してしまう。そして、現在は4バックに戻しているが、スペイン代表戦では1−6というショッキングな大敗を経験した。この試合にメッシは出場していなかった。彼がいれば得点は増えたかもしれないが、不安を払拭してワールドカップに臨みたいところだ。ただ、今月9日に予定されていたイスラエルとの親善試合が中止となった。試合を行う場所が問題となったようだ。

 イスラエルと政治的な問題を抱えるパレスチナが、エルサレムでの試合開催に強く抗議。アルゼンチン代表が合宿するスペイン・バルセロナの練習場に数十人のデモ隊が集結する事態となった。

 スペイン紙『アス』によれば、メッシに対して死の脅迫があったという。大事なテストマッチが予期せぬ形で開催できなくなり、調整の進捗状況が心配される。

 ブラジルワールドカップは準優勝と、頂点にはあと一歩届かなかった。メッシも30歳。異次元のプレーは今後もしばらく見られるかもしれないが、アルゼンチン代表から退く可能性もあるだけに、今大会は何としても優勝を果たしたいところだ。

 間違いなく強豪国のひとつだが、メッシが大黒柱であり、彼がいないとチーム力の低下は避けられない。それだけ影響力の大きな選手だからこそ、仲間たちは10番が最高のプレーを披露できるようサポートしなければならない。アンヘル・ディ・マリア、ゴンサロ・イグアインといったスターも例外ではない。

 早々に決勝トーナメント進出を決めてメッシを休ませ、パウロ・ディバラを起用するようなやりくりができればベストだが、楽に抜けられるようなグループではない。

メッシにストレスフリーの環境を

ノルマ:ベスト8
目標:優勝

 同じグループに入ったのは、クロアチア、アイスランド、ナイジェリアと曲者揃い。首位での突破が望まれるが、グループリーグで歩みが止まっても不思議ではない。ナイジェリアには昨年11月の親善試合で、2点を先行しながら4ゴールを奪われ敗れている。

 アルゼンチンは優勝を狙っているはずで、コンディションのピークは決勝トーナメントに合わせてくると思われる。しかし、初戦から油断できない相手が控えている。

 グループ初戦の相手はアイスランド。EURO2016でベスト8進出を果たすなど印象的な活躍を見せた小国は、ワールドカップに初めて参戦する。ディフェンスは堅く、ボールを奪うと一気にゴールに襲いかかる。自分たちにできることを理解し、追求し、出し尽くしてくるチームだ。アイスランドと同等以上の温度で臨まなければ足をすくわれるだろう。

 豪華な攻撃陣に比べ、守備面は不安が残る。マンチェスター・シティで新たな能力を身につけたニコラス・オタメンディやローマのフェデリコ・ファシオなど実力者は揃っている。

 5月30日のハイチ戦は無失点(4−0)で終えたが、相手との力関係を考えれば成功体験としては物足りない。ワールドカップ本大会を戦う中で自信を深めていくしかないだろう。

 そして、何よりメッシが万全の状態を維持し、周囲のサポート体制が整っていなければならない。彼が自分の仕事に気持ちよく専念できる状態を作る必要がある。守備は元々免除されているので問題ないが、ストレスを抱えて攻撃で精細を欠くパフォーマンスに終始すれば、頂点には辿りつけない。

 メッシとマラドーナはどちらが上か——。この議論に答えはないが、メッシがワールドカップトロフィーを掲げたことがないのは事実。前回大会は準優勝と最も悔しい結果に終わった。

 1986年以来32年ぶりの世界制覇を果たすには、仲間たちがメッシのために働き、メッシが仲間たちのためにゴールを奪い続けるしかない。

(文:編集部)

フットボールチャンネル

「ロシア」をもっと詳しく

「ロシア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ